トップページ > 空き家等活用バンク > 宅地開発の緩和(都市計画法第34条第11号)
宅地開発の緩和(都市計画法第34条第11号)
明日香村では、人口減少、高齢化が進行する状況において、風土や景観の維持・保全につながる定住人口の確保が喫緊の課題となっていることから、明日香村において、市街化調整区域ではあるが既存集落が集積している地域に、一定の要件に該当する住宅等の立地を認める「都市計画法第34条第11号の区域」を指定しました。
地区

明日香村の市街化調整区域内の農地等において宅地開発・一般住宅の建築を可能とする区域(※)として

の3地区が指定されました。

※都市計画法第34条第11号に基づき指定する区域。都市計画は市街化調整区域のままです。

 

このことにより・・・

これまで農家住宅等に限られていた住宅の建築を村外の方・非農家の方でも明日香村の指定地区で家が建てられます。
※但し、明日香村の景観計画・3地区の景観計画ができるまでの間は4m以上の道路に接道している土地のみでの開発行為に限定されています。

 

明日香村の特徴的な助成制度等
  • 家を建築するときに、デザイン助成を実施
    明日香村では歴史的風土と調和した環境づくりのため、家を建築するときなど一定の規制があります。
    詳しくは「総合政策課」
  • 固定資産税を減額 ※明日香村特別措置法により優遇しています。
    第2種歴史的風土保存地区(土地1/2・家屋1/4を減額)
    詳しくは「住民課」
  • こどもの医療費助成(入院・通院)を実施
    0歳児から中学校を卒業するまでの間の医療費の助成を行なっています。
    詳しくは「住民課」
  • その他
    各種福祉医療制度や子育て支援策などは課別ページで検索してください。
このページのトップに戻る