トップページ > 防犯・防災・安全 > 防災対策 【 火災 】
防犯・防災・安全
防災対策 【 火災 】

 

火災安全対策


大切な財産や時には命まで奪ってしまう火災。その原因のほとんどが不注意によるものです。あなたの生活環境を見直して、高い防火意識と新しい習慣を身につけましょう。

また、家族みんなで安全対策をチェックしてみましょう!役割分担を決めてみるのもいいかもしれません。

ストーブ周辺はすっきりと
特にカーテン、洗濯物には要注意。石油ストーブの給油、移動は必ず火を消してから。
揚げ物のときはその場を離れない
電話や来客の対応は、必ず火を消してから。そばに燃えやすいものをおかない心がけも。
寝タバコ、ポイ捨て厳禁
寝たばこは、しない、させない習慣を。火のついたたばこの放置やポイ捨ても厳禁。
放火させない環境づくり
家の周りに燃えやすいものを置かない。物置、車庫などのカギはしっかりと。
マッチやライターの放置に注意
子供が遊んだりして危険です。日ごろから片付ける習慣と、子供へのしつけをしっかりと。
風呂の空だきをしない
点火のときは浴そうの水量を確かめて。点火、消火は目で確認。
コンセントにこまめな気づかい
火、消火は目で確認。 たこ足配線、コンセント周りのほこりに注意。使わないときは、こまめに抜く。
就寝前の火の用心
ガスの元栓、コタツのコンセントなど指さし点検で火の元確認。

 

こんなところで火災が起きたら

住宅の2階で
  • 階下に降りられない場合は、雨どいを伝ったり、シーツやカーテンをつないでロープの代用にする。
  • やむを得ず飛び降りるときは、布団やマットレスなどクッションになるものを落としてから。
地下街で
  • 壁際に身を寄せて煙からすばやく逃げる。
  • 避難口は60mごとにあるので壁づたいに逃げる。
  • パニックに巻き込まれないで、係員の指示に従う。
ビルで
  • 火元となった場合は、ほかへ類焼しないように窓やドアを閉めて逃げる。
  • 上の階からの出火は階段を使って、下の階からの出火は外階段で逃げるか、屋上の風上側で救助を待つ。


このページのトップに戻る