トップページ > 健康と福祉 > 健康あすか21計画
健康と福祉
健康あすか21計画


どのような特徴がありますか?

  1. 住民の方や関係団体の参加協力を得て、具体的な計画づくりを心がけました。
  2. 健康増進(健康的な生活習慣の普及)について的を絞って重点的に取り組みます。
  3. 計画の達成度がわかりやすい様に数値で表し、どのように変化したかを比較しやすいようにしました。

 

どういう方法で策定しましたか?
住民の健康や生活に専門的に関わっていると考えられる人から30人ほど選定し「健康問題とそれにまつわる生活上の問題点」を答えて頂きました。そしてその中から、優先順位や効果があり改善度が高いものを選出し、課題を決めました。次に、現状値を把握するためのアンケートを実施し、平成22年(2010年)に目標とする数値を策定会議で決め、それに向けての具体的な方法を住民の方、各関係団体の方等で考えました。その後、県の健康増進計画と同様2年間延伸して最終評価を24年度とし追加増補を行いました。

 

どんなことに取り組むのですか?
住民の健康状態を人口の推移・基本健康診査の結果など様々な角度から総合的に分析した結果、優先課題として脳卒中になることをふさぐために「高血圧症・高脂血症を防ぐことが大切」としました。医学の進歩により、脳卒中で死亡する人は減ってきましたが、反面、脳卒中発作の後遺症で身体麻痺、痴呆などを後遺症として生活する人が増えています。脳卒中は、男性に多く、ある日突然襲ってきます。それは、本人だけでなくて家族の生活も激変させる大変深刻な病気です。それを防止するために

  • 健康チェックでからだと話そう
  • 食生活を楽しもう
  • 適度な運動で快適に過ごそう
  • たばこの様々な害を知ろう]

の4つの分野で取り組んでいきます。

【個人では・・・】

  • 毎年1回は、健診を誘い合って受けよう。
  • 健診後の説明もしっかり聞こう。
  • 健康に関する知識を深めよう。

【団体では・・・】

  • 誘い合って行事に参加しよう。
  • 行事の中で健康づくりの必要性をPRしよう。
  • 会、自身でも健康づくりの学習会をもとう。
  • 行事の改善点があれば聞いておき、より効果的なものにつなげよう。

【行政では・・・】

  • 必要な情報提供をしっかりしよう。
  • 行事の充実・強化。
  • 関係者の意見交換の場をつくろう。
  • 団体の活動を支援しよう。
この計画は、H24年度に評価みなおしを行い新たな計画を策定予定です。

 

健康づくり事業年間行事予定表

 

お問い合わせ先
明日香村健康福祉センター内 健康づくり課 TEL 0744-54-5550(直)

 

このページのトップに戻る