トップページ > 健康と福祉 > 熱中症に注意!!
健康と福祉
熱中症に注意!!
熱中症を防ぐために ~国民の皆さまに取り組んでいただきたいこと~

熱中症の発生は7~8月がピークになります。熱中症を正しく理解し、予防に努めてください。

詳しくはこちらをご覧下さい


暑くなるこれからの時期、熱中症にかかる人が全国的にも増えてきます。特に今年は、節電のためエアコンの利用を控えるなどして、屋内で熱中症にかかることも考えられますので注意が必要です。

 

熱中症の予防
  1. 体調管理
    睡眠不足やかぜ気味など、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控えましょう。
    日頃からバランスのとれた食事をこころがけ、体力づくりをしましょう
  2. 服装に注意
    通気性の良い服を着て、外出時には帽子や日傘を使用しましょう。
  3. 水分補給
    のどが乾いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。また、汗をたくさんかくと、塩分も同時に失われますので、運動や外での作業の時にはスポーツドリンクなどでの水分補給もおすすめです。
  4. 周りの人の見守り
    子どもや高齢者は熱中症にかかりやすいので、家族や周りの人が注意して様子をみるようにしましょう。
    子ども:体温調節機能が未熟な上、地面からの距離が近く、照り返しにより高い温度にさらされます。
    高齢者:汗をかきにくく、暑さやのどの乾きを自覚しにくくなっています。

 

熱中症の症状
  1. めまい・たちくらみ・こむらがえり・大量の汗
  2. 頭痛・吐き気・体がだるい・集中力低下

  3. 意識がもうろうとする・けいれん

 

熱中症の応急処置
  1. 涼しい場所へ移動し、安静にして少しずつ水分補給をします。
  2. うちわ・扇風機・エアコンなどで体を冷やします。保冷剤やぬれたタオルで脇の下や太もものつけねを冷やすとより効果的です。

  3. 1や2でも症状が改善しない、意識がないなど動けない場合は迷わず救急車を呼んで下さい。

 

このページのトップに戻る