子育て世代包括支援センター
妊娠まで
一般不妊治療費助成

一般不妊治療を受けておられる方の経済的な負担を軽減するため、医療費の一部を助成しています。

 

対象者

  1. 戸籍法による婚姻の届出をしている夫婦。
  2. 夫婦の両方又はいずれか一方が、明日香村に住所を有していること(ただし、夫婦どちらか一方が、他市町村で同種の助成を受けている場合は除く)
  3. 医療機関において不妊症と診断を受けていること。
  4. 医療保険各法の規定に基づく被保険者もしくは組合員またはその被扶養者であること。
  5. 村に納めるべき税等全てにおいて滞納がないこと。
  6. 妻の年齢が43歳未満であること。

 

対象となる一般不妊治療法

不妊検査やタイミング療法、薬物療法、手術療法などの一般不妊療法や人工授精などに要した経費。
※第3者からの精子、卵子又は胚の提供、代理母、借り腹に該当する場合は除く

 

助成金

  1. 助成金の交付は1年度毎に1回
  2. 助成は、1組の夫婦に対し年度内で治療に要した費用の2分の1の額とし、上限5万円
    ※診断書等の文書料や食事療法等。個室料その他治療に直接関係のない費用は除く。

 

妊娠判定の費用助成

市町村民税非課税世帯に属する女性(生活保護世帯を含む)の方を対象に妊娠しているかどうかの判定受診費用(1人当該年度内に2回までで、1回の上限を7,000円)を助成します。

 

子育て世代包括支援
このページのトップに戻る