戸籍等の届け出・証明
婚姻届(結婚するとき)
  • 届出期間
    届出が受理されると届出日から法律上の効力が発生
  • 届出人
    夫および妻
  • 届出に必要なもの
    • 婚姻届(届書には成人2人の証人、未成年者の婚姻の場合は父母の同意書も必要です。)
    • 全部事項証明書(戸籍謄本)各1部(届出地の市区町村が本籍地ではない場合)
    • 夫になる人と妻になる人の印鑑(朱肉使用のもの・旧姓のもの)
    • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など官公署発行の証明書)
  • 届出地
    夫または妻になる人の本籍地か住所地(所在地)

 

ご注意ください

  • 婚姻年齢は男性は満18歳、女性は満16歳で未成年の場合、父母の同意が必要です。
  • 再婚禁止期間を経過していること(女性は前婚の解消から6か月を経過していること)
  • ※同じ人と婚姻するときなど、再婚禁止期間を必要としない場合もあります。
  • 近親者間の婚姻ではないこと(直系血族、直系姻族または三親等内の傍系血族間および、養子と養父母の間では婚姻できません)
  • 婚姻すると、夫婦どちらかの氏(姓)を使用することになり、選択した氏(姓)の方が戸籍の筆頭者になります。
  • 婚姻の届出だけでは住所変更や世帯合併等の住民登録上の変更は出来ません。

このページのトップに戻る