戸籍等の届け出・証明
離婚届
協議離婚の場合
  • 届出期間
    届出が受理されると届出日から法律上の効力が発生
  • 届出人
    夫および妻
  • 届出に必要なもの
    • 離婚届(協議離婚の場合、届書には成人2人の証人が必要)
    • 夫と妻の別々の印鑑
    • 全部事項証明書(戸籍謄本)1部
    • ※届出先の市区町村が本籍地ではない場合
    • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など官公署発行の証明書)
  • 届出地
    夫妻の本籍地または住所地(所在地)

 

裁判離婚の場合
  • 届出期間
    裁判の成立、確定等の日から10日以内(成立の日又は確定の日から法律上の効力が発生します。)
  • 届出人
    審判の申立人、または訴えの提起者
    ※確定日から10日を経過したときは相手方もできる
  • 届出に必要なもの
    • 離婚届(裁判による場合は証人は不要 )
    • 届出人の印鑑(届書に押印したもの)
    • 全部事項証明書(戸籍謄本)1部
    • ※届出先の市区町村が本籍地ではない場合
    • 調停離婚、和解離婚、認諾離婚の場合、各調書の謄本。
    • 審判離婚の場合審判書の謄本及び確定証明書。
    • 判決離婚の場合判決書の謄本及び確定証明書。
  • 届出地
    夫妻の本籍地または住所地(所在地)

 

ご注意ください

  • 夫婦間に未成年の子がいる場合、親権者を父(養父)又は母(養母)を決めてください。
  • 子の氏(姓)については、父母の離婚によっては変わりません。
    子の氏を変更したいときは、離婚の手続き後家庭裁判所に「子の氏変更の申立」をし、許可を得ることが必要です。裁判所での許可後、許可書の謄本及び戸籍謄本(本籍が明日香村の場合は不要)を持参の上、市区町村で「入籍届」をすることによって子の氏が変更されます。
  • 婚姻の際に氏(姓)が変わられた方は、離婚によって婚姻前の氏(旧姓)に戻ります。婚姻中の氏を引き続き使用したい場合は別に「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法第77条のの2の届出)」の届出が必要です。(離婚後三ケ月以内又は同日)詳しくはお問い合わせください。
  • 離婚の届出のみでは住所は変わりません。住所変更は別に届出が必要です。
  • 本人確認書類をお持ちでない場合でも届出できます。
    なお、本人確認ができなかったり、来庁されなかった届出人には、届出があったことを郵便でお知らせいたします。

このページのトップに戻る