戸籍等の届け出・証明
死亡届(亡くなったとき)
  • 届出期間
    死亡の事実を知った日を含む7日以内
  • 届出人
    親族、同居者、家主、地主、家屋・土地の管理人、公設所の長の順で
  • 届出に必要なもの
    • 死亡届(医師の死亡診断書または死体検案書が必要です。死亡後に病院から死亡診断書のついた死亡届書を発行してもらえます。)
    • 届出人の印鑑
  • 届出地
    • 死亡者の本籍地
    • 死亡地
    • 届出人の住所地(所在地)

 

死亡届を提出されると、埋火葬許可証を発行します。
※埋火葬許可証の発行時間は午前8時30分から午後5時までとなります。

 

その他以下の手続きが必要となる場合があります

  1. 国民健康保険に加入の方→葬祭費の請求・保険証の返還等
  2. 後期高齢者医療制度に加入の方→葬祭費の請求・保険証の返還等
  3. 国民年金に加入の方→未支給金・死亡一時金・遺族基礎年金の請求等
  4. その他医療証や受給者証等をお持ちの方→証の返還等
  5. 世帯主が亡くなった場合で残る世帯員が2人以上の場合→世帯主変更の届出
  6. 印鑑登録証の返却
このページのトップに戻る