トップページ > 村長室へようこそ!> 村長からのメッセージ
村長からのメッセージ
~ 夢づくり・明日香 ~明日香村長 森川 裕一

  平成23年10月23日から、村民の皆様をはじめ多くの皆様のご支援とご厚情により、再び村政を担わせていただくこととなりました。
  平成26年12月の国土交通省の明日香村小委員会において、平成22年度からの第4次明日香村整備計画は総じて順調に進展していると、前向きに評価いただきましたが、依然として高齢化は進み、人口減少が継続していくことは確実であり、空き家、耕作放棄地、鳥獣害対策、公共施設の更新など課題は山積しています。
  明日香村の未来に向けて施策の種をまき、新しい芽が出始めているものと確信しておりますが、村民や明日香村を愛する皆様方とともにこの小さな芽をしっかりと枝や幹に育てて、夢ある明日香の実(果実)を実らせていきたいと考えております。
  二期目の施策としては、(1)予防医学の観点からの健康づくりや学童保育の強化に加え、女性が働きやすい環境づくり、(2)ゲストハウスの強化などによる古民家再生や新たな市街地形成による住まいづくり・仕事づくり、(3)キトラ古墳壁画体験学習館のオープンに加え、飛鳥宮跡や高松塚古墳壁画などの歴史展示推進と、日本遺産事業を活用した世界への情報発信、(4)飛鳥駅周辺の道の駅の検討、庁舎を含めた公共空間のリノベーション・再配置の検討など夢ある明日香づくりに向けて、お年寄りや子育て世代が暮らしやすい村づくりに全力で取り組んで参りますので、明日香を愛する村民、国民、世界中の皆様方のご支援ご協力を宜しくお願いいたします。


重点項目
(1) 予防医学の観点からの健康づくりや学童保育の強化に加え、女性が働きやすい環境づくり
(2) ゲストハウスの強化などによる古民家再生や新たな市街地形成による住まいづくり・仕事づくり

(3) キトラ古墳壁画体験学習館のオープンに加え、飛鳥宮跡や高松塚古墳壁画などの歴史展示推進と、日本遺産事業を活用した世界への情報発信

(4) 飛鳥駅周辺の道の駅の検討、庁舎を含めた公共空間のリノベーション・再配置の検討


明日香村長 森川裕一

プロフィール
  • 氏 名: 森川 裕一 (もりかわ ゆういち)
  • 生年月日:昭和31年3月10日生
  • 最終学歴: 京都大学大学院 工学研究科修了
  • 略 歴
    - 昭和56年4月 奈良県庁入庁
    - 平成23年9月 公立学校法人奈良県立医科大学退職
    - 平成23年10月 明日香村長(1期目)
    - 平成27年10月 明日香村長(2期目)

よりよい村政の実現のために、村民の皆さんが、日ごろ感じておられることや、「こうなればもっと良いのに」と望まれることなど、どんなことでも結構ですので、お気軽に「村長へ私の提案」としてお寄せください。 村政提案箱


このページのトップに戻る