トップページ > アーティスト イン レジデンス「飛鳥アートヴィレッジ2014」
アーティスト イン レジデンス「飛鳥アートヴィレッジ2014」(終了しました)

日本という国号が誕生した地と伝えられる「飛鳥」。豊かな自然とともに古代の遺跡や寺院が点在する日本最古の都であり、私たち日本人の心の源流がここにあります。


『飛鳥アートヴィレッジ』は若手アーティストを対象に、明日香村のサポートのもとでおこなわれるアーティスト・イン・レジデンスのプログラムです。歴史と自然に育まれた飛鳥の風土に触れ、さらに地元の人々との交流などを通じて、次代の「美」を開拓するとともに、飛鳥のアイデンティティを新たに読み解く作品が生まれる機会となることを目的に、2012年度から始まり、今年度で3回目の開催となります。
「明日香まるごと博物館」の実現、さらには世界遺産の登録を目指す明日香村は、『飛鳥アートヴィレッジ』も、村として国内外に発信するブランド形成のための重要な一事業として位置づけております。



今年度はアーティスト・イン・レジデンスとしての内容の充実と、明日香村へのアプローチや村民との交流を深めるために、昨年度からのプログラムを大きく刷新いたしました。つきましては、今年度の『飛鳥アートヴィレッジ』の参加アーティストを広く公募いたします。

『 飛鳥 Art Village 』フェイスブック

2014年作品集

飛鳥アートヴィレッジ
公式フェイスブックページ
2014年作品集

 

作品展 『彼方(かなた)のうつわ』開催 (終了しました)

3月6日(金)~15日(日)までの10日間、レジデンスプログラムに参加した5名のアーティストによる成果作品展を実施します。

2つの古墳に挟まれた谷間のような展示空間を「器」に見立てて、独自の視点と解釈で飛鳥を表現した作品を発表します。
みなさん、ぜひお越しください。

 

彼方のうつわ

会期
平成27年3月6日(金)~15日(日)
10時~17時 ※ 入場無料

 

会場
国営飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区芝生広場
(奈良県高市郡明日香村平田)

 

 

 

 

 

レジデンスプログラム実施

レジデンスの様子はこちらから

 

参加アーティスト決定!!

アーティスト・イン・レジデンス「飛鳥アートヴィレッジ」応募者の中から、審査の結果、5名のアーティストが決定しました。
今後、1月17日(土)~1月26日(月)まで5名の若手アーティストが明日香村に滞在し、地元のみなさんとの交流などをはじめとするさまざまなプログラムに参加します。明日香を肌で感じ、作品イメージをもとに創作します。ぜひご期待ください!

アーティスト
1 堀内 崇志(東京都)
2 東條 陽太(千葉県)
3 藤井 龍(岡山県)
4 栗原 亜也子(神奈川県)
5 中尾 美園(京都府)

 

 

問い合わせ先

明日香村教育委員会内
「Creative飛鳥・未来への風実行委員会」係
TEL:0744-54-3636 / FAX:0744-54-4647
E-mail:a-kyoiku@tobutori-asuka.jp

 

このページのトップに戻る