トップページ > 日本遺産の認定について
日本遺産の認定について
「日本遺産」は、文化庁の平成27年度新規施策で、文化財版クールジャパンです。地域の歴史的魅力や特色を通じて、我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として認定し、そのストーリーに関わる文化財群を総合的に整備・活用し、国内外に発信することにより、観光振興と地域活性化を図るものです。

 

この日本遺産に、橿原市・高取町・明日香村が共同で申請していた「日本国創成のとき~飛鳥を翔(かけ)た女性たち~」のストーリーが、平成27年4月24日に認定されました。日本が「国家」として歩みを始めた飛鳥時代に、この国造りを牽引したのは女帝であり、文化や・宗教の面でも女性の力強い活躍があったことから、女性が活躍したストーリーを国内外に発信し、「飛鳥」の魅力を広めるものです。
今後、これらの女性のストーリーを地域振興・観光振興に活用する事業を展開していきます。

 



(吉野行幸再現)

このページのトップに戻る