トップページ > 新庁舎建設に向けた検討
新庁舎建設に向けた検討

 建築後、約50年を経過した現庁舎は、老朽化や耐震性を著しく欠くことで震災発生時に防災拠点としての役割を果たせないことや、明日香村にふさわしくない意匠形態といった課題を抱えています。
 こうした課題を解決するために、役場庁舎の建て替えが必要となっており、庁舎建設に向けた検討を進めています。

 

 

このページのトップに戻る