トップページ > バーチャル飛鳥京 - 古代の飛鳥がよみがえる -
バーチャル飛鳥京 - 古代の飛鳥がよみがえる -

最先端の技術で古代の都をよみがえらせる「バーチャル飛鳥京」に取り組んでいます。 明日香村には、地下に眠る遺構が多数存在しており、それらをCGで復元した往時の風景と現実の風景を重ね合わせることで、古代の飛鳥をわかりやすくご覧いただけます。


【飛鳥京CG再現イメージ】

 

目的

明日香村の田んぼの下にはたくさんの遺跡が埋もれています。みなさんが明日香村に訪れた時は、現在の田園風景から当時の風景を想像し、明日香村の文化的価値を見いだしていただいていることと思います。しかし、小さいお子さんや、あまり歴史に興味のない方が明日香村を訪れたとき、明日香村の文化財の意義を知ることは容易ではありません。
往時の明日香村を知る手段として考えられるのは、イラスト冊子や建築物の復元であります。イラスト冊子は、実際の大きさを知るのには物足りなく、また、建築物の復元は都全体を復元することは非常に難しく、一度建ててしまうと修正が効かないといった不都合があります。
そこで、明日香村では、文化財の発掘成果と東京大学生産技術研究所大石研究室の技術を駆使して、コンピューターグラフィックで飛鳥京を再現することに平成17年から挑戦しています。
まだまだ、機器や映像の見せ方など技術的な問題はたくさん存在しますが、みなさんにバーチャル飛鳥京を比較的簡単にご利用いただけ、往時の飛鳥京を体感いただけるよう引き続き取組を行っていきます。

バーチャル飛鳥京アプリのご利用について

 

バーチャル飛鳥京アプリの概要

明日香村への教育旅行の際、飛鳥時代の様子を学生に伝えることが難しいとお悩みの学校関係者の方々、明日香村の特徴をもっと分かりやすく観光案内できないかと考えの旅行関係者の方々にご利用頂くため、地下に眠る飛鳥時代の遺構をCG再現し、簡易にご利用頂けるよう無料アプリとして配信しています。

 

アプリの特長

(1) 飛鳥時代の遺構を再現
明日香村には、地下に眠る遺構が多数存在しており、それらをCGで復元した往時の風景と現実の風景を重ね合わせることで、古代の飛鳥を分かりやすくご覧いただけます。また、映像の中で遺跡の解説を行っています。

(2) 360度の風景を見ることが可能
このアプリは、現地(遺跡に示したポイント)で活用いただくことで、そのポイントの再現CGを360度体験していただくことができます。
※一部、360度見ることが出来ない映像もあります。

(3) 多言語対応
アプリのメニュー・使い方画面テキスト、字幕、ナレーションを英語、中国語、韓国語に対応。

 

アプリの仕様

アプリ名 : バーチャル飛鳥京

価格 : 無料
対応機種・OS : iOS9.0以上のiPad(64ビットに対応したiPad Air、iPad mini2以降の機種)

 

このページのトップに戻る