トップページ > 明日香座 平成26年度 第10回開催
明日香座 平成26年度 第10回開催

【明日香座とは・・・】

村民みなさんと村長・役場職員が車座になって話し合い、ご意見やご提案を頂き、村政に反映し、皆さんと協働で村づくりを進めるための集会を『明日香座』と称して開催させて頂くものです。

 

第10回開催

日時:平成26年8月30日(日) 午後7時から午後9時
場所:飛鳥寺研修会館
件名:明日香座
出席者

  • 村民25名
    豊浦(5名)、雷(3名)、小山(4名)、奥山(13名)
  • 村8名
    森川村長、福田副村長、田中教育長、藤田企画政策課長、
    福井地域づくり課長、西川住民課長補佐、米田企画政策課長補佐、
    北村調整員

 

質疑応答

生活環境整備

質問小山池の跡地を遊水池や駐車場として利用出来ないか。
(小山 男性)

 

 

質問交通量の多い周遊歩道に横断歩道を設置できないか。
(小山 男性)

 

回答警察に要望を出すか検討する。
(地域づくり課長)

 

 

質問耳成線の道路排水整備をしてほしい。
(小山 男性)

 

回答以前、台風が来たときに現状確認を行った。問題解消に努めたい。
(地域づくり課長)

 

 

回答土砂が堆積したことによる溢水、村内の配水機能が最近の集中豪雨に未対応など、河川と道路両方に問題がある。今後、村も洪水が予想されるときは、避難勧告を防災無線で発令していく。
(村長)

 

質問飛鳥川岸の土嚢の袋が破れ、土が川に堆積している場所がある。対応してほしい。
(豊浦 男性)

 

 

回答桜井土木事務所に依頼して、点検ポイントに加えてもらう。
(村長)

 

防災

質問各集会所にも防災行政無線の機器を設置してほしい。
(奥山 男性)

 

回答防災行政無線のデジタル化に伴い、設置する方向で検討する。
(総務課長補佐)

 

 

質問災害時の避難場所だけでは無く、危険箇所も教えてほしい。
(奥山 男性)

 

回答明日香村の危険箇所は、ハザードマップを作成している。洪水のマップはホームページでも公開している。土砂災害のマップは、現在、県が起案し、村がチェックをしながら作成を行っている。雨量計は役場に設置し確認している。
(村長)

農業

質問県の借り上げ地周辺の農業水路などを大字が維持管理しているが、管理費用の補助がない。長期的・継続的に維持管理ができるようにしてほしい。
(小山 男性)<要望>

教育

質問来年(平成27年)のソフトテニスインターハイが明日香村で行われる。駐車場は十分確保できているのか。
(小山 男性)

 

 

回答奈良県が民間の駐車場所有者と調整している。
(教育長)

 

観光


質問観光標識の整備をしてほしい。
(小山 男性)

 

 

回答現在、国営公園・橿原市・高取町と共同で、飛鳥地域の観光標識の見直しを行っている。
(村長)

 

その他

質問県有地(行政財産使用)の賦課金支払い方法について、各大字によって支払い方法が異なっている。統一してほしい。
(小山 男性)<要望>

 

 

このページのトップに戻る