トップページ > 明日香座 平成27年度 第2回開催
明日香座 平成27年度 第2回開催

【明日香座とは・・・】

村民みなさんと村長・役場職員が車座になって話し合い、ご意見やご提案を頂き、村政に反映し、皆さんと協働で村づくりを進めるための集会を『明日香座』と称して開催させて頂くものです。

 

第2回開催

日時:平成27年 2月14日(土) 午後7時から午後9時
場所:中央公民館
件名:明日香座
出席者

  • 村民31名
    下平田(8名)、中平田(6名)、越(3名)、真弓(7名)、地ノ窪(7名)
  • 村8名
    森川村長、福田副村長、田中教育長、藤田企画政策課長、
    米田健康づくり課長、米田企画政策課長補佐、相原文化財課長補佐、
    木治調整員

 

質疑応答

農業

質問農家を続けられる施策を考えて欲しい。
(真弓 男性)

 

 

回答新規就農の方に頑張ってもらえる、また、農家を継いでいただける状態にするというのが大切。水田と少量多品種の農作物で儲けなければならないので、売り方、つくる品目、つくり方というのも一体的に検討しなければならない。公社に農の人員を配置し体制を整え、抜本的に動かそうと思う。 
(村長)

 

質問鳥獣の被害を防ぐため、遊休地の草刈りを行えば良いと思うが、地域振興公社からトラクターを利用するための補助金とか考えていただきたい。
(真弓男性)

 

回答イノシシ被害を防ぐには、民家に近づけないようにすること、檻をつくること、捕る人をつくること、解体して流通する仕組みをつくるということを併せて行わなければならないと思っている。平成27年度には、狩猟免許の取得支援を予算化するので、活用していただきたい。
(村長)

定住 人口施策

質問市街化区域内の民地ではなく、なぜ先に小学校跡地を開発する必要があるのか。
(下平田 男性)

 

 

回答小さな開発をしながらも道路から奥の土地を使えるモデルを示していきたい。それをもとに市街化区域民地の住宅地促進を図っていきたい。そのために必要なまとまった土地として小学校跡地を活用したい。
(村長)

 

質問明日香村の人口減少を抑えるために、住みやすい生活環境の創出と行政サービスの充実化が重要だと思うが、もう少し具体的に教えていただきたい。
(下平田 男性)

 

回答住みやすい生活環境の創出は、基本的には、医療と教育だと思う。中学生までの医療費の無料化や学童保育の対象を6年生まで引き上げるなどメニューを増やす。また、行政サービスの充実化は、若い世代が多く集まる場所として図書館の充実が必要と考えている。また、公的な証明書を役場以外で発行できるとか、税金のコンビニ納税など取組が必要と考えている。そのほかには、光ケーブルの整備なども必要と考えている。
(村長)

 

質問阪合小学校跡地を住宅地にするという話があるが、どうか。また、住宅地にして、若い方に住んでもらっても、数年後には、空き家になるのではないか。公有地を避難場所などに残して置くべきではないか。
(越 男性)

 

回答小学校跡地でゲートボールやテニスをしていただいているが、その機能については、近隣公園につくらせていただいた。村にとって最大の課題である若い世代に住んでいただくため、20から50戸が入れる定期借地権付きの住宅地として、小学校跡地を活用させていただきたい。特に小学校があったということに関して、心理的なことも配慮しなければならないということは、ぜひ考えさせていただく。 (村長)

 

商工

質問特産品開発の推進はどういう特産品を開発されているか。また、いろいろな取組の中で成果などを教えて欲しい。
(地ノ窪 男性)

 

回答商工会が中心となり、農産物を使った加工品を中心に飛鳥ブランドを認定し、いろいろな形で売り出している。また、村で加工所を建設し、会社化していただいたグループに貸出をし、そこで、加工品をつくっていただき、村内直売所で売っていただける仕組みをつくった。
(村長)

 

景観


質問県有地を集落営農で管理しているが、管理できなくなった場合は、村を通じて県へ草刈りの依頼をしていただけるのか。
(地ノ窪 男性)

 

回答買い上げ地については、地域や個人で耕作していただけるのが一番であるが、耕作できない場合は申し出ていただければ、県費で対応するよう働きかける。
(企画政策課長)

観光

 

質問観光客に対し、鑵子塚古墳や牽牛子塚古墳などを案内するため、真弓の農免道路に歩道や案内板の設置が必要。
(真弓 男性)

 

回答国営公園キトラ古墳周辺地区の開園に併せ、国営公園と県、橿原市、高取町、明日香村で案内板をつけ直す取組を行っている。
(村長)

 

回答文化財課では、牽牛子塚古墳本体の整備を計画している。また、企画政策課と一緒に西明日香全体の周遊ルートも含めて整備検討を行っている。
(文化財課長補佐)

教育

 

質問高取高校の通学について、通学路やモラルについて、高取高校の校長に対し、村として働きかけていただいているのか。
(地ノ窪 男性)

 

回答高取町、奈良県、高取高校に働きかける。
(村長)

 

 

生活環境

質問昔に道路として寄付した土地が、村へ所有権移転されていない場合がある。課税されている場合もあると聞いたことがある。所有権移転出来ていない数は多いのか、また、所有権移転出来ない理由を教えて欲しい。
(越 男性)

 

回答当時は道が狭いから皆協力して広くされており、未登記の道路内民地はたくさん残っているのが事実。道路内民地を積極的に探し、登記替えを行う行為は行っていない。何か行為を行う際、道路内民地がわかり、所有者から村へ寄付をいただければ、村で登記替えを行う。基本的には、課税していない。
(副村長)

 

質問飛鳥駅前交差点の南側からの右折が右折レーンも短く、また、右折時間が短いため、渋滞を招いている。
(地ノ窪 男性)

 

 

回答右折レーンを長くする作業は、県で事業費をつけていただいているが、用地の関係で遅れていると聞いている。
(村長)

 

質問高取川の浚渫を要望しているがどのような状況になっているか。
(地ノ窪 男性)

 

 

回答高取川の河床の件については、県土木事務所の所長以下担当部署の方々に何度も現地にて確認をしていただいている。
(副村長)

 

質問国道169号線を北側から走ってきて、川沿いに進入することが難しく危険であるため、飛鳥駅前の交差点の信号について、国道から右折するための矢印信号をつけてもらうことはできないか。
(真弓 男性)

 

回答県土木事務所と警察を含めて議論をしてもらう。
(村長)

 

その他

質問地元要望に対し、検討しているものについて、途中経過を報告していただく機会を設けていただきたい。
(地ノ窪 男性)

 

 

回答大字等に中間報告をさせていただくような仕組みを検討する。
(村長)

 

 

質問年々空き家が増え、自治会費をもらえない家が増えている。どのように対処すればよいか。
(中平田 男性)

 

 

回答自治会費については、各大字の考え方でお願いしたい。村としては、空き家をどうやって活用し、どうやって空き家を減らしていくかという取組を行っていく。
(村長)

 

このページのトップに戻る