トップページ > 明日香座 平成27年度 第3回開催
明日香座 平成27年度 第3回開催

【明日香座とは・・・】

村民みなさんと村長・役場職員が車座になって話し合い、ご意見やご提案を頂き、村政に反映し、皆さんと協働で村づくりを進めるための集会を『明日香座』と称して開催させて頂くものです。

 

第3回開催

日時:平成27年 3月21日(土) 午後7時から午後9時
場所:中央公民館
件名:明日香座
出席者

  • 村民31名
    御園(10名)、桧前緑が丘(2名)、桧前緑台(3名)、南平田(5名)
  • 村8名
    森川村長、福田副村長、田中教育長、藤田企画政策課長、浦野文化財課長、米田企画政策課長補佐、山口教育課長補佐、小野主任主事

 

質疑応答

情報公開

質問車座で意見交換または提案した内容について、進捗状況を情報提示してもらいたい。
(南平田 男性)

 

 

回答広報紙やホームページで各種事業の経緯や経過を提供していく。 
(村長)

 

 

質問発掘調査する場合、地域住民に対して調査目的などを提示してほしい。
(御園 男性)

 


回答発掘現場には調査目的等の看板を設置した。今後は、大字への配布書類にも記載する。
(文化財課長)

 

定住

質問市街化区域の住宅開発の進捗状況、そしてどのようなまちづくりを予定しているのか。
(御園 男性)

 

 

回答市街化について、阪合小学校跡地に住宅地を創出していく案づくりにとりかかっているところである。
(村長)

 

雇用

質問高齢と言われる世代への生活支援の一つとして、社会参加できるニーズ、そして地域コミュニティづくりが必要ではないか。
(御園 男性)

 

回答大字内での地縁社会づくりを進めていくため、社会福祉協議会と連携しながら取り組む。また、若い世代が地域で積極的に参加できる場の提供づくりを進めていきたいと考えている。
(村長)

 

景観


質問景観行政について県より権限委譲されたが、改善されているように感じない。違反物件に対して積極的な改善指導はしているのか。
(南平田 男性)

 

回答風致の許認可に関する権限はおりている。申請および許認可時に指導等を行っている。また、美しい村づくり事業として景観に適したカラーシートの購買助成を実施している。
(村長)

総合計画

 

質問総合計画の中で人口の目標数値が出ている。実現可能範囲での指標設定をし、住民へ提示してもらいたい。
(御園 男性)

 

 

回答地方創生でも人口ビジョンが求められていることから、現状も含めた上で、国や県などと協議しながら数値を設定し、それに対する方策を考えていく。
(村長)

住民生活

 

質問御園大字には集会所がない。診療所跡地利用は可能か。
(御園 男性)

 

 

回答公有地を使用しての集会所建設事例はない。集会所の建設は、助成対象となるので協議されたい。
(村長)

 

 

質問定時の防災無線の音楽が暗いので変更できないか。
(桧前緑台 男性)

 

 

回答今後、アンケート実施も含めて検討する。
(村長)

 

 

質問大字の防犯カメラの設置について、どう考えているのか。
(桧前緑が丘 女性)

 

 

回答防犯カメラの設置は、プライバシーや管理の問題なども出てくるため、村内でもほぼ設置されていない。自治会内での設置については、現時点では補助制度はない。公共空間の防犯対策として、今後は検討が必要と認識している。
(村長)

道路

質問車走行時に道路から音楽が流れるような道路整備で、交通安全の向上ができないか。
(御園 男性)

 

 

回答平田・阿部山線区間の道路沿いは家が多いため、騒音や振動の関係で難しい。他の場所で試験的に実施するのは検討したい。
(村長)

その他意見

世界遺産登録について、平成19年の暫定リスト登録から進んでいないように思う。県などと今まで以上に協力しながら着実に進めていってほしい。

このページのトップに戻る