トップページ > 明日香座 平成27年度 第5回開催
明日香座 平成27年度 第5回開催

【明日香座とは・・・】

村民みなさんと村長・役場職員が車座になって話し合い、ご意見やご提案を頂き、村政に反映し、皆さんと協働で村づくりを進めるための集会を『明日香座』と称して開催させて頂くものです。

 

第5回開催

日時:平成27年 4月25日(土) 午後7時から午後9時
場所:関西大学飛鳥文化研究所
件名:明日香座
出席者

  • 村民24名
    祝戸(6名)、阪田(4名)、入谷(1名)、栢森(5名)、稲渕(8名)
  • 村8名
    森川村長、福田副村長、田中教育長、藤田企画政策課長、脇田教育課長、
    米田企画政策課長補佐、北村地域づくり課長補佐、吉田主任主事

 

質疑応答

道路・河川環境

質問急傾斜地域における危険度や危険箇所等の調査を実施してほしい。
(稲渕 男性)

 

 

回答過去に稲渕地区の調査をしている。今後も危険度に応じて、県と調整していく。
(村長)

 

 

質問道にはみだした宇須多岐比売命神社の木を伐採してもらいたい。また、道路も狭いので、反対側に一車線増やすことはできないか。
(栢森 男性)


回答中和土木事務所も現状確認をしているが、神社庁の財産となり伐採は難しく、結果が見出せていない。車線整備についても引き続き県と調整していく。
(副村長)

 

質問平成25年の災害で崩落した入谷地域の路肩改修工事で、道幅は拡張されたが、河川幅が狭くなった。洪水対策はどうするのか。
(入谷 男性)

 

回答河川管理者の対応となるので確認し、関係者等で調整する。
(村長)

 

 

質問石舞台古墳のS字カーブは、観光シーズンで交通量が増え、とても危険である。道路拡張の進捗状況を知りたい。
(祝戸 男性)


回答中和土木事務所も現地確認により再確認をしてもらっているが、明確な結果が出ていないのが現状である。
(副村長)

 

 

回答石舞台への入り口となる島庄大字部分についても検討しており、今年度都市計画決定をする予定となっている。
(村長)

 

質問玉藻橋より先の遊歩道の敷石が、雨になると非常に滑りやすく、転倒事故が起こっている。対策を考えてもらいたい。
(祝戸 男性)


回答国営飛鳥歴史公園の管轄であるので、一度現場を確認し、国と調整する。
(村長)

 

 

質問大字内での修繕は出来る範囲で行っている。原材料費の支給増額を検討してもらいたい。
(阪田 男性)

 


回答今後も材料を出来るだけお渡しし、引き続き地域で対応してもらえる仕組みづくりを行っていく。
(村長)

 

安全・防災

質問稲渕・阪田・祝戸地区の共同墓地近辺は飛鳥川から離れているため、消火栓の設置を検討してほしい。
(阪田 男性)

 

 

回答今後検討する。
(村長)

 

定住

質問空き家状態となっている危険家屋について対策を考えているのか。
(稲渕 男性)

 

 

回答昨年、「空き家に関する特別措置法」が国で施行され、景観や衛生的に不適切なものに対する行政代執行が可能となった。しかし、村においても詳細な検討が必要である。その事前措置として、空き家バンク登録など、大字の協力が不可欠である。
(企画政策課長)

回答空き家バンク制度について、今年度より新たな補助金(空き家に残った荷物廃棄費用にかかる補助金)を追加している。
(村長)

農業


質問イノシシ対策で柵は設置してもらっているが、効果があまり見られず、他の対策はないか。
(入谷 男性)

 

 

回答猟友会でイノシシ駆除を実施している。現在、会員育成強化を図っている。また、資材費の支給も行っているので、地域づくり課へ相談してほしい。
(村長)

文化財

 

質問都塚古墳に続き、塚本古墳も価値があるように聞いている。案内板の設置をしてもらえないか。また、村指定文化財でもある飛鳥ホタル保護の案内看板も設置検討してもらいたい。
(阪田 男性)

 

回答国・県・村の案内サインの統一かを進めている。日本遺産に認定され、案内板設置についても検討していく。 ホタルの保護看板についても、文化財課と検討する。
(教育長)

 

回答史跡指定後に整備していく流れである。塚本古墳についても、今後発掘調査をしていくことになるかもしれない。現時点での案内板設置については、現在調査で分かっている範囲の内容のものになるかと思う。
(村長)

観光

質問史跡などの解説板の内容がとても難しいので、今後は子供にも分かりやすい解説板の設置をお願いしたい。また、案内板の文字なども見えないものがある。
(稲渕 女性)

 

回答案内板の内容については、今後見直していく。また村内の観光案内板を点検し、改修していく。
(村長)

 

 

質問石舞台古墳の石室に入るための階段が高く、対処できないか。
(稲渕 女性)

 

 

回答石舞台古墳は国の特別史跡であるため、即座の対処は困難である。要望が出ていることは国にも伝える。
(村長)

 

福祉

質問ひとり暮らし高齢者の生活状況をGPS機能などで把握できる仕組みづくりをしてほしい。
(入谷 男性)

 

 

回答社会福祉協議会と共同で高齢者の見守り強化に努めている。社会福祉協議会で調査を行い、今後の対応策の方向性を検討していく。
(村長)

交通

質問高齢者にとって、かめバスは重要な生活手段である。吉野ストアまで乗り継ぎなく直通で行けるような利便性に配慮してもらいたい。
(稲渕 男性)

 

回答村外ルートや公共交通実証実験として、乗合いタクシーの設計を検討している。
(村長)

 

その他

質問共同受信地区における光ケーブルの引き込み工事費用の負担を検討してほしい。
(稲渕 男性)

 

 

回答NHK光ケーブルについては、確認する。現在、村内でも光ケーブルに変えていくため、まず木柱から鋼管柱に入れ替えている。
(村長)

 

質問ふるさと納税の状況を示してもらいたい。
(稲渕 男性)

 

 

回答毎年度一定件数の申請がある。明日香村に来てみて、良かったということでしていただいている。今後も首都圏等のイベントでの啓発を継続していく。
(村長)

 

このページのトップに戻る