トップページ > 明日香座 平成28年度 第4回開催
明日香座 平成28年度 第4回開催

【明日香座とは・・・】

村民みなさんと村長・役場職員が車座になって話し合い、ご意見やご提案を頂き、村政に反映し、皆さんと協働で村づくりを進めるための集会を『明日香座』と称して開催させて頂くものです。

 

第4回開催

日時:平成28年 6月4日(土) 午後7時から午後9時
場所:中央公民館
件名:明日香座
出席者

  • 村民35名
    島庄(5名)・岡(6名)・橘(7名)・立部(4名)・野口(3名)・川原(9名)・その他(1名)
  • 村10名
    森川村長、福田副村長、田中教育長、藤田総合政策課長、穴瀬地域づくり課長、相原文化財課長、関本総合政策課長補佐、米田産業づくり課長補佐、木治総合政策課長補佐、榊本事務員

質疑応答

定住・人口施策

質問村単位で企業誘致を行うだけでなく、県や他市町村と協力し、県全体で奈良県への企業誘致(大企業)を呼びかけるべきではないか。
(岡 男性)

 

回答南阪奈道と京奈和自動車道を有効活用し、県や周辺の市町村と協力し、企業誘致ができるように努力する。
(村長)

 

 

質問人口が実際に減少した時の姿を認識し、把握しておく必要がある。しっかりとした村づくりができるように現実を受け止め、総合戦略を行動に移すことが必要である。
(橘 男性)

 

回答10~15年先に団塊の世代が高齢化した時、危機を迎えると考えている。30~40歳代の世代を村の活動に引き込むことが必要であるので、将来的には世代間のバランスのとれた人口を目指したい。(村長)

 

 

質問村が観光案内に力を入れているのはHP等で分かるが、一方、村で住む良い面(子育て支援等)のアピールが少ない。人口増加に向けてもっとアピールするべきではないか。
(岡 男性)

 

回答他の自治体と違い、村に住みたいという人は多いが、提供できる空き家や土地が非常に少ない。教育・福祉施策についてもPRしていきたい。
(村長)

 

生活環境

質問高市橋が耐震整備もされていない状況で、岡の旧水道配水場敷地に備蓄基地を配置しても大丈夫なのか。災害が起きた際、物資の運搬や車両の出入りが出来なくなるのではないか。

(島庄 男性)

 

回答国支援がいただける平成28年度に備蓄基地の設置を完了しておきたい。高市橋の耐震整備については県道であるため、県へ要望していく。
(村長)

 

質問祝戸から稲渕に向かう道路沿いに墓地があり、彼岸花の時期、墓参りが難しい。地元住民は理解しているが、親類などが駐車出来ずに困っている。付近に待避所や公園の整備をお願いしたい。また早急には出来ないと思うので、ガードマン等で対応をお願いしたい。

 

回答観光交流活性化事業実行委員会に検討するよう指示する。
(村長)

 

 

観光

質問村民はまるごと博物館のガイドであると思っている。県施設やお寺を含め、村民が施設を案内する場合、無料で入れるようにするべきではないか。
(野口 男性)

 

回答高松塚壁画館と石舞台古墳の2箇所は、入場無料としている。また、キトラ古墳壁画については無料となるように調整した。お寺や県施設などについては調整することは難しい。
(村長)

 

質問定林寺跡に塔の復元を行うことはできないのか。定林寺跡も村のシンボルの一つとして考えてもらいたい。
(立部 男性)

 

 

回答現在、県で伝飛鳥板蓋宮跡(飛鳥浄御原宮)の整備に向けて進めていただいている。また、国で高松塚古墳壁画の保存場所についても検討を始めていただいている。村では、牽牛子塚古墳の整備を進めている状況であるので、その後の検討とさせていただきたい。
(村長)

 

質問万葉文化館の前にある公衆トイレについて、万葉文化館の休館日も使用できるように要望してもらいたい。地図に表示があるので、それを目指して来られる人がいる。
(岡 男性)

 

回答要望する。
(村長)

 

農業


質問獣害対策について、観光客が訪れる日中に現れる可能性も考えると大変危険なので、本格的に獣害対策をお願いしたい。
(橘 男性)

 

回答大字と村が一緒になって檻を設置することが必要。また、猟友会会員が減っているのが現状なので、会員を増やすためにも住民の協力をお願いしたい。村も補助制度を作り、支援体制を整えている。
(村長)

 

文化財

質問飛鳥浄御原宮について、早く整備を進めるためにも村長自らが主導・関与し、前向きに進める必要があるのではないか。

(岡 男性)

 

回答県の公園部局に計画を立てるようお願いし、組織づくりをしてもらっているところである。
(村長)

 

 

質問飛鳥・藤原の世界遺産登録について進捗状況を教えてほしい。
(立部 男性)

 

 

回答明日香・橿原・桜井で協力し、登録に向けて進めている。国外専門家よりコンセプトをシンプルにすべきと助言をいただいた。飛鳥の遺産にどういう価値があるのかを明確にする作業を行っている段階である。
(文化財課長)

 

回答現段階で、藤原京周辺のバッファゾーンを担保できるのかが問題点となっている。登録に向けての最低条件は整ってきつつあるが、世界に主張するにはまだ材料が少ないのではないかと言われている。今年度より、文化庁への推薦書作成準備にとりかかる計画をしている。
(村長)

 

その他のご意見 
  • 車座集会では、大字のことを中心に意見を出しているが、それに対して十分に答えてもらっていない。 (野口 男性)
  • 車座集会について、参加者はいつも各大字の役員ばかりで年配の人が多い。もっと各世代の参加者の意見が必要ではないのか。(川原 男性)
  • 石舞台地区の歴史公園から流れてくる水量が増水してきているので、農業用水路ではなく、直接飛鳥川に流れるようにしてほしい。(島庄 男性)
  • 石舞台バス停周辺には地図があるが、自転車や徒歩の観光客の案内は少ないので、島庄大字のお地蔵さん付近に周辺地図や矢印案内(石舞台、稲渕など)、解説板(島宮)を設置してほしい。(島庄 男性)
  • 仏頭山の竹林(県有地)について、整備を要望しているが進んでいないように思う。 (野口 男性)

 

このページのトップに戻る