トップページ > 地域連携 > 明日香村・関西大学連携事業 「かんだい 明日香 まほろば講座」
地域連携
明日香村・関西大学連携事業 「かんだい 明日香 まほろば講座」

明日香村と関西大学は、高松塚古墳の発掘以降、緊密な関係を築いてきました。 平成18年2月には「地域連携に関する協定書」を交わし、関西大学の教育・研究の成果と日本の"まほろば"明日香村の持つ長い歴史と豊かな文化を活用した連携事業を推進しています。 「かんだい 明日香 まほろば講座」は首都圏での連携事業として、飛鳥文化を通して、日本の歴史・文化、そこに暮らす人々との交流についてみなさまとともに考える講座として開催いたします。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

過去の開催実績

【第28回】

  • 日時 平成29年10月14日(土) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター(東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「極彩色壁画古墳の発見から見た明日香村の地域創成」
    第1部 講演1:「東アジアの中の壁画古墳~キトラ古墳の発見とその意義~」
    講師:西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員 / 関西大学非常勤講師)
    講演2:「キトラ古墳とその周辺の整備~古墳の保存と活用~」
    講師:青木 達司(文化庁文化財部記念物課文化財調査官)
    第2部 パネルディスカッション:
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員 / 関西大学非常勤講師)
    青木 達司(文化庁文化財部記念物課文化財調査官)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 100名

【第27回】

  • 日時 平成29年7月16日(土) 13:00~16:30
  • 会場 有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町)
  • テーマ 「明日香を生きた万葉歌人」
    第1部 講演1:「飛鳥を生きた万葉歌人 飛鳥の上つ瀬を歩く」
    講師:上野 誠(奈良大学文学部教授)
    講演2:「飛鳥を生きた万葉歌人 但馬皇女と穂積皇子」
    講師:坂本 信幸(高岡市万葉歴史館館長 / 奈良女子大学名誉教授 / 前万葉学会代表)
    第2部 パネルディスカッション:
    上野 誠 (奈良大学文学部教授)
    坂本 信幸(高岡市万葉歴史館館長 / 奈良女子大学名誉教授 / 前万葉学会代表)
    相原 嘉之(明日香村教育委員会文化財課課長)
    乾 善彦 (関西大学文学部教授)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 465名

【第26回】

  • 日時 平成29年1月14日(土) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター(東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「都塚古墳の造られた時代 ~蘇我三代と飛鳥~」
    第1部 講演1:「東アジアからみた飛鳥時代前夜における墓制の様相~都塚古墳の調査成果とその意義~」
    講師:西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員 / 関西大学非常勤講師)
    講演2:「石舞台古墳と塚本古墳を考える」
    講師:米田 文孝(関西大学文学部教授)
    第2部 パネルディスカッション:
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員 / 関西大学非常勤講師)
    米田 文孝(関西大学文学部教授)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 173名

【第25回】

  • 日時 平成28年10月1日(土) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター(東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「飛鳥寺発掘60周年記念 飛鳥大仏の謎に迫る」
    第1部 講演1:「飛鳥寺:その歴史と研究 -飛鳥大仏を中心に-」
    講師:長谷洋一(関西大学文学部教授)
    講演2:「飛鳥寺の造営と飛鳥大仏」
    講師:大橋 一章(早稲田大学名誉教授)
    第2部 パネルディスカッション:
    大橋 一章(早稲田大学名誉教授)
    長谷 洋一(関西大学文学部教授)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 165名

【第24回】

  • 日時 平成28年7月18日(月・祝) 13:00~16:00
  • 会場 有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町)
  • テーマ 「国際都市飛鳥と渡来文化」
    第1部 講演1:「飛鳥時代の渡来文化・渡来人」
    講師:鈴木 靖民(國學院大學名誉教授/横浜市歴史博物館館長)
    講演2:「飛鳥の寺々と渡来人」
    講師:木下 正史(東京学芸大学名誉教授/明日香村文化財顧問)
    調査報告:「檜隈の遺跡と近年の調査成果」
    報告者:長谷川 透(明日香村教育委員会文化財課技師)
    第2部 パネルディスカッション:
    「海を渡った人・文化」
    鈴木 靖民(國學院大學名誉教授/横浜市歴史博物館館長)
    木下 正史(東京学芸大学名誉教授/明日香村文化財顧問)
    西本 昌弘(関西大学文学部教授)
    周 吟 (関西大学文学研究科博士課程後期課程2年次/南通博物苑助理館員)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 639名

【第23回】

  • 日時 平成28年1月16日(土) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター(東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「水の都 飛鳥 -苑池のあり方と役割-」
    第1部 講演1:「飛鳥宮と苑池 -飛鳥京苑池の調査成果から考える-」
    講師:卜部 行弘(奈良県立橿原考古学研究所資料課 総括研究員)
    講演2:「飛鳥時代の庭園と構造」
    講師:相原 嘉之(明日香村教育委員会文化財課課長補佐)
    第2部 パネルディスカッション:
    卜部 文孝(奈良県立橿原考古学研究所資料課統括研究員)
    相原 嘉之(明日香村教育委員会文化財課課長補佐)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 148名

【第22回】

  • 日時 平成27年10月3日(土) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター(東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「飛鳥の宮都と水落遺跡」
    第1部 講演1:「飛鳥時代の時間と暦」
    講師: 米田 文孝(関西大学文学部教授)
    講演2:「東アジアからみた7世紀の都づくり-近年の発掘調査の成果から-」
    講師:西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員)
    第2部 パネルディスカッション:
    米田 文孝(関西大学文学部教授)
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 150名

【第21回】

  • 日時 平成27年7月12日(日) 13:00~16:00
  • 会場 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
  • テーマ 「牽牛子塚古墳発掘100周年 八角形墳の造営された時代 -牽牛子塚古墳と野口王墓-」
    第1部 講演1:「天武天皇・持統天皇合併陵(野口王墓山)の墳丘構造の復元 -昭和30年代・50年の調査から-」
    講師:福尾 正彦(國學院大學大学院客員教授)
    調査報告1:「飛鳥の大王墓と小市岡上陵-牽牛子塚古墳・越塚御門古墳-」
    講師:西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員)
    第2部 パネルディスカッション:
    今尾 文昭(奈良県立橿原考古学研究所調査課長)
    西本 昌弘(関西大学文学部教授)
    米田 文孝(関西大学文学部教授)
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 631名

【第20回】

  • 日時 平成27年1月17日(金) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター(東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「飛鳥の八角形墳の終焉 -中尾山古墳発掘40周年-」
    第1部 講演1:「最後の八角墳 -中尾山古墳の発掘調査」
    講師:山内 紀嗣(天理大学附属天理参考館学芸員)
    講演2:「飛鳥における葬地空間の形成過程と造墓理念」
    講師:西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員)
    第2部 パネルディスカッション:
    山内 紀嗣(天理大学附属天理参考館学芸員)
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員)
    今井 邦彦(朝日新聞社)
  • 参加者 152名

【第19回】

  • 日時 平成26年9月7日(日) 13:00~16:00
  • 会場 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
  • テーマ 「飛鳥の大寺院 川原寺 -川原寺裏山遺跡発掘40周年-」
    第1部 報告1:「川原寺の変遷」
    講師:西本 昌弘(関西大学文学部教授)
    報告2:「川原寺裏山遺跡の調査」
    講師:右島 和夫(群馬県埋蔵文化財調査事業団理事)
    講演1:「川原寺裏山遺跡出土品が語る古代の信仰空間」
    講師:久保 智康(京都国立博物館名誉館員・叡山学院教授)
    講演2:「塑像研究の新展開
    -X線CTスキャナによる川原寺裏山出土塑像の構造解析-」
    講師:市元 塁(九州国立博物館主任研究員)
    第2部 パネルディスカッション:
    久保 智康(京都国立博物館名誉館員・叡山学院教授)
    市元 塁(九州国立博物館主任研究員)
    廣岡 孝信(奈良県立橿原王古学研究所附属博物館学芸課主任学芸員)
    右島 和夫(群馬県埋蔵文化財調査事業団理事)
    西本 昌弘(関西大学文学部教授)
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員)
  • 参加者 625名

【第18回】

  • 日時 平成26年1月18日(土) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター(東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「飛鳥寺の造営と仏教の受容を考える -CGアニメーションの完成披露と発掘の現状報告-」
    第1部 講演1:「飛鳥寺の完成 -飛鳥文化の国際性-」
    講師: 米田 文孝(関西大学文学部教授)
    講演2:「飛鳥寺西方遺跡の発掘調査」
    講師: 長谷川 透(明日香村教育委員会文化財課技師)
    第2部 パネルディスカッション:
    米田 文孝(関西大学文学部教授)
    長谷川 透(明日香村教育委員会文化財課技師)
    天野 幸弘(元朝日新聞社)
  • 参加者 148名

【第17回】

  • 日時 平成25年10月19日(土) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター(東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「キトラ古墳壁画発見30周年 -天文図と十二支像の世界-」
    第1部 講演1:「天子の象徴から王権のデザインへ」
    講師: 猪熊 兼勝(京都橘大学名誉教授)
    講演2:「東アジアの中のキトラ、高松塚古墳壁画の図像」
    講師:東 潮(徳島大学名誉教授)
    第2部 パネルディスカッション:
    猪熊 兼勝(京都橘大学名誉教授)
    東 潮(徳島大学名誉教授)
    天野 幸弘(元朝日新聞編集)
  • 参加者 153名

【第16回】

  • 日時 平成25年6月30日(日) 13:00~16:00
  • 会場 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
  • テーマ 「石舞台古墳発掘80周年記念公開シンポジウム -文明開化の時代と世界遺産登録への歩みを考える-」
    第1部 特別講演1:「古墳時代から新時代へ」
    講師: 木下 正史(東京学芸大学名誉教授/明日香村文化財顧問)
    調査報告1:「発掘当時の映像紹介・概要」
    講師:西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課主任技師)
    第2部 パネルディスカッション:
    木下 正史(東京学芸大学名誉教授/明日香村文化財顧問)
    西本 昌弘(関西大学文学部教授)
    右島 和夫(群馬県埋蔵文化財調査事業団理事)
    吉兼 秀夫(阪南大学国際観光学部国際観光学科教授・阪南大学大学院企業情報研究科教授)
    米田 文孝(関西大学文学部教授)
    天野 幸弘(朝日新聞社)
  • 参加者 608名

【第15回】

  • 日時 平成25年1月19日(土) 13:00~16:30
  • 会場 関西大学東京センター (東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「大王家の谷とキトラ・高松塚古墳 -檜隈から越智丘周辺の週末期古墳の謎に迫る-」
    第1部 講演1:「今城谷の合葬墓と飛鳥の皇統譜 -鬼の俎・雪隠古墳の再検討-」
    講師 西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課 主任技師)
    講演2:「キトラ・高松塚古墳の壁画世界を考える」
    講師 米田 文孝(関西大学文学部 教授)
    第2部 パネルディスカッション:
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    米田 文孝(関西大学文学部 教授)
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課 主任技師)
  • 参加者 261名

【第14回】

  • 日時 平成24年10月28日(土) 13:00~16:00
  • 会場 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
  • テーマ 「誘惑するあすか」
    第1部 講演:「あすかの魅力の再発見と創造」
    講師 木下正史(東京学芸大学名誉教授/明日香村文化財顧問)
    第2部 パネルディスカッション:
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    木下正史(東京学芸大学名誉教授/明日香村文化財顧問)
    渡邊定夫(東京大学名誉教授)
    足立久美子(文化事業団体「文化のみち」代表)
    森部豊(関西大学文学部教授)
    山口誠(関西大学社会学部教授
  • 参加者 259名

【第13回】

  • 日時 平成24年6月23日(土)13:00~16:00
  • 会場 関西大学東京センター (東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「発見40周年・高松塚古墳壁画の新時代~発掘から研究、保存、活用へ」
    第1部 講演1:「高松塚壁画古墳発掘から40年 高松塚古墳を掘る-その真相に
    迫る」
    講師 森岡 秀人 (奈良県立橿原考古学研究所 共同研究員/ 関西大学 非常勤講師)
    講演2:「高松塚古墳壁画のメッセージを解く」
    講師 来村 多加史(阪南大学国際観光学部 教授)
    第2部 パネルディスカッション:
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    森岡 秀人 (奈良県立橿原考古学研究所 共同研究員/ 関西大学 非常勤講師)
    来村 多加史(阪南大学国際観光学部 教授)
  • 参加者 182名

【第12回】

  • 日時 平成24年1月14日(土)13:00~16:00
  • 会場 関西大学東京センター (東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「古代と明日をつなぐ-発掘調査と活用」
    第1部 講演1:「よみがえる石舞台築造風景-発掘調査の新たな活用」
    講師 米田 文孝(関西大学文学部 教授)
    講演2:「西飛鳥における後・終末期古墳の様相」
    講師 西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課 主任技師)
    第2部 パネルディスカッション
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    米田 文孝(関西大学文学部 教授)
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課 主任技師)
  • 参加者 207名

【第11回】

  • 日時 平成23年9月4日(日)13:00~16:00
  • 会場 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
  • テーマ 「いま語りかける飛鳥の文化遺産」
    第1部 講演:「飛鳥―古代の文明開化と国家建設」
    講師 松村 恵司(奈良文化財研究所 客員研究員/前文化庁 文化
    財鑑査官)
    報告:「調査研究と保護の歩み」
    講師 相原 嘉之(明日香村教育委員会文化財課 調整員)
    第2部 パネルディスカッション
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    松村 恵司(奈良文化財研究所 客員研究員/前文化庁文化財鑑査官)
    鈴木 晴民(國學院大學文学部 教授/横浜市歴史博物館長)
    今尾 文昭(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館学芸課長)
    相原 嘉之(明日香村教育委員会文化財課 調整員)
    米田 文孝(関西大学文学部 教授)
  • 参加者 550名

【第10回】

  • 日時 平成23年6月18日(土)13:00~16:00
  • 会場 関西大学東京センター (東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「飛鳥の風景-源流と現在、未来-」
    第1部 講演1:「飛鳥的農村風景の源流とその現代的意義」
    講師 野間 晴雄(関西大学文学部 教授)
    講演2:「飛鳥の農村景観―その保存と継承」
    講師 増井 正哉(奈良女子大学生活環境学部 教授)
    第2部 パネルディスカッション
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    野間 晴雄(関西大学文学部 教授)
    増井 正哉(奈良女子大学生活環境学部 教授)
  • 参加者 232名

【第9回】

  • 日時 平成23年1月22日(土)13:00~16:00
  • 会場 関西大学東京センター (東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「川原寺・牽牛子塚古墳・越塚御門古墳発掘調査から見えるもの」
    第1部 講演1:「川原寺・摶仏による荘厳とその源流」
    講師 米田 文孝(関西大学文学部 教授)
    講演2:「律令国家形成期の大王墓の実像~牽牛子塚古墳・越塚御門古墳の調査成果から~」
    講師 西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課 主任技師)
    第2部 パネルディスカッション
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    米田 文孝(関西大学文学部 教授)
    西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課 主任技師)
  • 参加者 200名

【第8回】

  • 日時 平成22年9月25日(土)13:00~16:00
  • 会場 関西大学東京センター (東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「古代飛鳥の宮を支えたまちづくり」
    第1部 講演1: 「飛鳥の都と道―推古・舒明・天武天皇―」
    講師 今尾 文昭(奈良県立橿原考古学研究所 総括研究員)
    講演2: 「国際的都市飛鳥と広域的都市計画」
    講師 高橋 誠一(関西大学文学部 教授)
    第2部 パネルディスカッション: 「飛鳥の都づくり」
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    今尾 文昭(奈良県橿原考古学研究所 総括研究員)
    高橋 誠一(関西大学文学部 教授)
  • 参加者 177名

【第7回】

  • 日時 平成22年6月20日(土)13:00~15:45
  • 会場 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
  • テーマ 「国際交流都市 あすか」
    第1部 講演:「飛鳥の亀型石槽施設-斉明天皇の政治と饗宴-」
    講師 水野 正好(奈良大学名誉教授)
    第2部 パネルディスカッション:「国際交流都市 あすか」
    水野 正好(奈良大学名誉教授 考古学)
    田中 俊明(滋賀県立大学教授 朝鮮古代史/古代日朝関係史)
    林部 均(国立歴史民俗博物館准教授 日本考古学)
    高橋 誠一(関西大学教授 歴史地理学)
  • 参加者 850名

【第6回】

  • 日時 平成22年1月16日(土)13:00~16:00
  • 会場 関西大学東京センター9階
  • テーマ 「飛鳥における伝承文化」
    第1部 講演1:「飛鳥の民俗」
    講師 黒田 一充(関西大学文学部教授)
    講演2:「日本のふるさと『あすか』~神社奉仕で日々感じること~」
    講師 飛鳥 弘文(飛鳥坐神社 第87代宮司)
    第2部 パネルディスカッション:「飛鳥の民俗と価値を考える」
    黒田 一充(関西大学文学部教授)
    飛鳥 弘文(飛鳥座神社 第87代宮司)
    天野 幸弘(朝日新聞社)
  • 参加者 138名

【第5回】

  • 日時 平成21年8月29日(土)13:00~15:40
  • 会場 東京ステーションコンファレンス605会議室
  • テーマ 「世界遺産と飛鳥 -未来に向けて-」
    第1部 講演1:「飛鳥における遺跡保存」
    講師 米田 文孝(関西大学文学部教授)
    講演2:「飛鳥遺跡の世界遺産登録と活用-未来にむけて-」
    講師 吉兼 秀夫(阪南大学国際コミュニケーション学部教授)
    第2部 パネルディスカッション:「飛鳥遺跡の価値と今後の活用を考える」
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    吉兼 秀夫(阪南大学国際コミュニケーション学部教授)
    米田 文孝(関西大学文学部教授)
  • 参加者 144名

【第4回】

  • 日時 平成21年6月20日(土) 13:00~16:00
  • 会場 ニッショーホール(日本消防会館)
  • テーマ 「飛鳥と万葉集」
    第1部 講演:「東アジアの中の飛鳥古墳-壁画古墳を中心として-」
    講師 河上邦彦氏(神戸山手大学教授)
    第2部 パネルディスカッション
    河上邦彦氏(神戸山手大学教授 考古学)
    絹谷幸二氏(東京芸術大学教授 洋画家)
    百橋明穂氏(神戸大学教授 美術史)
    吹田 浩氏(関西大学教授)
  • 参加者 600人

【第3回】

  • 日時 平成21年1月17日(土) 13:00~
  • 会場 関西大学東京センター (東京都千代田区丸の内)
  • テーマ 「飛鳥と万葉集」(
    第1部 講演:「明日香の万葉故地」
    講師 乾 善彦(関西大学文学部教授)
    第2部 パネルディスカッション:「万葉の景観 古代から未来へ」
    天野 幸弘(朝日新聞社)
    乾 善彦(関西大学文学部教授)
    西光 慎治(明日香村文化財課考古学技師) (五十音順)
  • 参加者 190人

【第2回】

  • 日時 平成20年9月13日(土) 13:00~
  • 会場 関西大学東京センター
  • テーマ 「明日の飛鳥 -遺跡と景観-」
    第1部 講演
    髙橋 隆博 (関西大学博物館館長 関西大学文学部教授)
    第2部 パネルディスカッション
    髙橋 隆博
    藤田 尚 (明日香村政策調整課長)
    天野 幸弘 (朝日新聞社)
  • 参加者 175人

【第1回】

  • 日時 平成20年6月29日(日) 13:00~
  • 会場 有楽町朝日ホール
  • テーマ 「明日の飛鳥 -遺跡と景観-」
    第1部 講演:「飛鳥文化の再発見」
    上田正昭氏(京都大学名誉教授・アジア史学会会長)
    講演:「私の教室 明日香」
    徳田誠志氏(宮内庁書陵部陵墓課 首席研究官)
    第2部 パネルディスカッション
    菅谷文則氏(滋賀県立大学名誉教授 考古学)
    木下正史氏(東京学芸大学特任教授 考古学)
    広瀬和雄氏(国立歴史民俗博物館教授 観光考古学)
    高橋隆博氏(関西大学文学部 教授)
  • 参加者 500人
このページのトップに戻る