財務書類
新地方公会計制度に基づく財務書類の公表について

現在の地方公共団体の会計制度は、1年間の現金収支を基本とした「現金主義会計」であり、決算書もそれに基づいて作成しています。
しかし、現金主義会計では、これまでに整備した資産の状況や、今後返済すべき地方債等(負債)の残高など、ストック情報が把握し難いという側面があります。
総務省は、「統一的な基準による地方公会計整備促進について」を示し、全ての地方公共団体において「統一的な基準」による財務書類を作成するよう要請しています。
本村では、平成28年度決算から、新地方公会計制度に基づく「統一的な基準」による財務書類を作成しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップに戻る