トップページ > 健康と福祉 >ジェネリック医薬品を活用しましょう
ジェネリック医薬品を活用しましょう

先発医薬品と同じ有効成分で効き目も同等のジェネリック医薬品を使用することで、社会全体の医療費の負担を減らし、いつまでも安心して暮らせる医療保険制度を次世代につなぎましょう。

 

ジェネリック医薬品とは・・

医療機関で処方される医薬品には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。
ジェネリック医薬品は最初の薬(先発医薬品・新薬)の特許が切れた後に作られ、新薬と同じ有効成分が含まれており、同等の効き目を発揮します。ほとんどのジェネリック医薬品は新薬より価格が安いため、自己負担額を軽減することができます。(ジェネリック医薬品を使うために院外処方に切り替えた場合など、自己負担額が増加する場合もあります。)
また、薬の種類によっては、新薬より飲みやすく改良されている場合もあります。

 

ジェネリック医薬品に切り替えるには・・

医師や薬剤師へジェネリック医薬品を希望することを伝えましょう。  
おくすり手帳や保険証に貼り付けられるジェネリック医薬品希望シールなどを活用しましょう。
明日香村では被保険者証交付時に「ジェネリック医薬品を希望します」シールを同封しています。
シールを紛失した方や国民健康保険証以外の方で希望される場合は住民課でお渡しします。

 

ジェネリック医薬品の使用促進について・・

明日香村国民健康保険では、医療費の適正化の取組の一つとして、ジェネリック医薬品の使用促進に取り組んでいます。
新薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合の差額通知を作成し、効果が、見込まれる被保険者へ送付しています。
※注意※
・変更後も薬代の差額が少ない場合があります。
・全ての薬に対応しているわけではありません。
・判断によっては変更出来ない場合があります

 

このページのトップに戻る