トップページ > 健康と福祉 > 高齢者インフルエンザ予防接種について
健康と福祉
高齢者インフルエンザ予防接種について

インフルエンザは、毎年、流行します。特に高齢者や慢性疾患患者の方は肺炎を併発し重篤化しやすい病気です。このインフルエンザウイルスは、「型」が変化するため毎年、予防接種をする必要があります。


集団感染を防ぐためには、「うがい」「手洗い」「規則正しい生活」「咳のエチケットとしてマスクの着用」が大切です。今年の冬も風邪やインフルエンザにかからないよう元気に過ごすために予防に心がけましょう。

対象者

  1. 接種時に65歳以上の方
  2. 接種時に60歳以上65歳未満の方のうち心臓・腎臓・呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

接種期間
令和2年10月1日(木)〜令和3年1月31日(日)


※早期予防のためできるだけ年内の接種をお勧めします。
※接種期間中に65歳の誕生日を迎えられる場合は、65歳の誕生日から対象となります。対象者にはハガキで通知をします。
今年より、予診票は健康づくり課及び医療機関にあります。

自己負担金
1,500円 (公費負担4,395円)


次の※1・※2の方は事前に健康づくり課に、問い合わせください。
別添の書類の提出が必要となります。

 

※1 : 生活保護世帯または村民税非課税世帯の方は無料となります。


※2 : 別表の医療機関以外での接種の場合には依頼書が必要になります。


接種方法

  1. 予防接種医療機関一覧表に記載している病院や医院で事前予約。
  2. 対象者に送付しているハガキを持参し、医療機関で予診票等の配布を受ける。予診票に記入して接種を受ける。
  3. 自己負担が必要な方は、接種医療機関窓口で支払う。
  4. 接種後、接種医療機関より予防接種済証を受ける。

問い合わせ
健康づくり課

TEL : 54ー5550

 

このページのトップに戻る