トップページ > 農業 > 人・農地プラン
人・農地プラン

「人・農地プラン」とは、農業者が話合いに基づき、地域農業における中心経営体、地域における農業の将来の在り方などを明確化し、市町村により公表されるもので、平成24年から始まりました。
明日香村では現在、8地区の人・農地プランが作成されています。

 

この度、農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)が一部改正され、今後、地域の特性に応じて、市町村、農業委員会、農業協同組合、土地改良区など地域のコーディネーター役を担う組織と農地中間管理機構が一体となって推進する体制を作り、人・農地プランを核に農地の利用集積・集約化を一体的に推進していくことになりました。

 

「人・農地プランの実質化」について

既存の「人・農地プラン」を真に地域の話し合いに基づくものにするため、アンケート調査や話合いを通じて地図による現況把握を行った上で、中心経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成につなげていくこととしています。

 

「人・農地プランの実質化」とは


「人・農地プランの実質化」に向けた工程表の公表について

「人・農地プランの実質化」に向けた取組みを具体的にすすめていくため、工程表を次のとおり公表します。

 

 

 

このページのトップに戻る