トップページ > 上水道と下水道 > 社会資本総合整備計画
上水道と下水道
社会資本総合整備計画
社会資本整備総合交付金について

社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を原則一括し、地方公共団体にとっては自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。
当該交付金は地方公共団体が社会資本整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的かつ一体的に実現出来るよう、国が地方公共団体に交付するものです。

 

社会資本総合整備計画について

地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を行う場合は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出したうえで、公表するものとされています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第8、第10)

 

当村が策定している整備計画は以下のとおりです。

明日香村における快適で活力ある暮らしの実現と下水道施設における事業継続性の確保。
計画期間:平成23年度~平成27年度

 

明日香村における快適で活力ある暮らしの実現と下水道施設における事業継続性の確保。(第2期)
計画期間:平成29年度~平成33年度

 

明日香村における快適で活力ある暮らしの実現と下水道施設における事業継続性の確保。(重点計画)
計画期間:平成30年度~平成31年度

 

※当計画につては社会情勢の変化や各年度の予算により、事業箇所や実施年度を変更する場合があります。

 

 

社会資本整備総合交付金に関する詳細は国土交通省HPより確認頂けます。
社会資本総合整備計画について(外部リンク)

このページのトップに戻る