トップページ > 「飛鳥アートヴィレッジ 2017」平成29年度事業概要
「飛鳥アートヴィレッジ 2017」

村外の若手アーティストが、明日香村民との交流を通じて、「あすか」を題材にした作品を制作・発表するプログラム『飛鳥アートヴィレッジ』は、今年度で5年目の開催となります。今年度も南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館を会場に、公募で選出した3名のアーティストによる展覧会を開催いたします。


今年のアーティストたちは、明日香の人々の暮らしの痕跡が残る場所に共通して関心を寄せています。村の中心地から山間部にも足を運び、空き家やお墓などの過去の暮らしのイメージが残る場所や、暮らしに密接な風習がいまも実際におこなわれている現場を頻繁に訪れました。さらにその場に関係する村民からさまざまな思い出話を聞いて、作品制作の素材を集めてきたことも共通しています。


いったん人々の手が離れ、記憶が薄れつつあった場所の扉が、村民との出逢いを機に再び解き放たれ、同時に村民の記憶の中に仕舞い込まれていた思い出話の断片にも触れる体験が、アーティストたちの取材の中で度重なりました。過去の逸話と現在の風景をつなぎ合わせ、そしてそれらの余白を埋めていくために、各々の想像力と表現手法を駆使して、現代に息づく「あすか」の物語を情景として紡いだ作品を展開していきます。


暮らしのかたちが画一化されていく現代において、「あすか」の土地が培ってきた独自の歴史や風土、風習が、いまの明日香の人々の暮らしにどのような作用を与えてきたのか。今年のアーティストたちはその誘因や過程に強く惹きつけられ、各々の作品制作への動機になったように思います。今年も3名の作品を通じて、「あすか」の本質や魅力を再発見する視点を、新たに見い出す機会になれば幸いです。


 

 

作品展の開催

「飛鳥アートヴィレッジ2017」作品展 「ほどけたもの語りとの邂逅」

 

会期
2017年11月18日(土)~11月26日(日)
10時~17時(最終入館 16時30分)※入場無料

 

会場
南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館
(奈良県高市郡明日香村岡1150)

 

関連イベント
藤野裕美子 ワークショップ「日常の発見を手のひらの日本画に」

  • 開催日時:11月18日(土)13時~16時
  • 会場:南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館
  • 対象年齢:小学生以上
  • 所要時間:30分~1時間
※各自制作した作品はお持ち帰りできます(材料・道具はこちらで準備します)
※参加料無料

※申し込み不要

 

 

参加アーティスト決定

「飛鳥アートヴィレッジ」応募者の中から、審査の結果、3名の若手アーティストの参加が決定しました。
村民の皆さんとの交流の中で得た「あすか」をそれぞれの技法で表現します。是非ご期待ください。

アーティスト
1 町田 藻映子(千葉県)
2 藤野 裕美子(滋賀県)
3 山本 紗佑里(京都府)

 

主催:「Creative飛鳥・未来への風」実行委員会
後援:明日香村、(一財)明日香村地域振興公社、(公財)古都飛鳥保存財団
国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所
プログラム・コーディネーター:山中 俊広(インディペンデント・キュレーター)

 

問い合わせ先

〒634-0141 奈良県高市郡明日香村川原91-1
明日香村教育委員会 教育文化課内「飛鳥アートヴィレッジ」係
TEL:0744-54-3636 / FAX:0744-54-4647
E-mail:a-kyoiku@tobutori-asuka.jp

 

このページのトップに戻る