トップページ > 新型コロナワクチン予防接種について > 基礎疾患のある人の新型コロナワクチンの接種について

新型コロナワクチン予防接種について

基礎疾患のある人の新型コロナワクチンの接種について

基礎疾患のある人とは

  1. 昭和32年4月1日以降に生まれた方のうち以下の病気や状態の方で、通院や入院をしている方(16歳未満を除く)
    ・慢性の呼吸器の病気
    ・慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    ・慢性の腎臓病
    ・慢性の肝臓病(肝硬変等)
    ・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
    ・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    ・免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
    ・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    ・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    ・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    ・染色体異常
    ・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    ・睡眠時無呼吸症候群
    ・重度の精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者手帳又は療育手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院)で「重度かつ継続」に該当する場合)

  2. 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
    ※ BMI = 体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)
    ※ BMI 30の目安:身長170cmで体重87kg / 身長160cmで体重77kg

 

(令和3年3月18日時点のため変更となる可能性があります。)


接種スケジュール

5月末にご案内を送付しました。同封していますハガキの締切り日を過ぎても対応しますので返信をお願いします。

 

このページのトップに戻る