トップページ > 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは
地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)
地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは

平成28年度税制改正により、地方公共団体が行う一定の地方創生関連事業に対して、企業版の皆様から積極的に寄附を行っていただけるよう、「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)」が創設されました。

 

明日香村では、この制度を活用して企業の皆様からの寄附を募り、国の認定を受けた地域再生計画に位置づけた「飛鳥駅周辺の魅力強化プロジェクト」を積極的に推進してまいりたいと考えています。

 

寄附をいただくことで、寄附額の3割を当該企業の法人関係税から税額控除する制度です。従来からの損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と併せて、寄附額の約6割が軽減され、実質的な企業の負担は約4割まで圧縮されます。

 

 

 


企業版ふるさと納税の対象事業

 

【事 業 名】 牽牛子塚古墳等整備事業(飛鳥駅周辺の魅力強化プロジェクト)

地図

パンフレット[PDF]
【事業年度】
平成30年度~31年度
【事 業 費】
(平成30年度):81,500千円
(全体):229,500千円
【事業概要】
斉明天皇陵としての可能性が高く、国の史跡として指定されている牽牛子塚古墳等の復元整備(国内初となる飛鳥時代の八角墳の復元)を行います。遺跡復元により、「ほんものの力を体験できる」歴史体験の場所を創出します。完成は平成32年度を予定しています。
【完成後の牽牛子塚古墳入込客数】
3万人/年
【プロジェクト開始日】
平成30年4月

 


お問い合わせ

〒634-0111 奈良県高市郡明日香村大字岡55番地 明日香村総務財政課
TEL :0744-54-2001 / FAX :0744-54-2440
E-mail:info@asukamura.jp

このページのトップに戻る