トップページ > 高松塚壁画館 秋の企画展示 「中国・高句麗壁画成立期の人物と服装表現」
高松塚壁画館 秋の企画展示 「中国・高句麗壁画成立期の人物と服装表現」

今回の秋季企画展は、中国と高句麗の壁画成立期の人物と服装表現にスポットをあてます。中国では陝西省西安市で調査された、西安交通大学西漢墓と郝灘(かくたん)墓を取り上げます。壁画墓の時期は紀元前後から200年代に築造され、ともに星座をともなっています。
高句麗壁画墓は平壌地域にある徳興里(とくこうり)古墳を取り上げます。古墳は5世紀初頭に築造されています。時代的な隔たりがありますが、代表的な成立期の壁画で、人物や服装がどのように表現されたのか紹介します。

 

郝灘墓の畢宿(ひつしゅく)

展示期間
平成29年9月23日(土祝)~平成29年11月30日(木)

開館時間
午前9時00分~午後5時00分
(入館は午後4時30分まで)

 

入館料
大人 250円
学生 130円(高校・大学)
小人 70円(小学・中学)

 

展示会場
高松塚壁画館
奈良県高市郡明日香村平田439
TEL 0744-54-3340

 

解説講座
高松塚壁画館学芸員 泉 武 氏
「中国・高句麗壁画成立期の人物と服装表現」
■ 日時: 11月4日(土)13時30分~
■ 講座会場 飛鳥歴史公園館事務所2階会議室
※当日受付になります。お問合せは壁画館まで(TEL 0744-54-3340)

<協賛>パナソニック(株)、奈良交通(株)、(株)近鉄・都ホテルズ、(株)近鉄リテーリング、近畿日本鉄道(株)

 

このページのトップに戻る