トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】 世界遺産登録に向けて連携強化
ビレッジレポート

世界遺産登録に向けて連携強化
世界遺産登録に向けて連携強化

平成24年3月29日(木)、森川村長が平野博文文部科学大臣と対談しました。

平野大臣と大西議員との会談現在推進している「飛鳥・藤原」の世界遺産登録に向けて、村長自ら文化庁との連携強化が必要不可欠であることを訴え、平野大臣も明日香村の歴史的重要性に理解を示して頂くとともに、「飛鳥・藤原」の世界遺産登録に向けて連携強化していくことが重要であることを確認して頂きました。

 

 

 

世界遺産登録に向けた連携強化を約束

平成24年度も、村民の皆さまとの協力・連携を軸として、文化庁、奈良県、関係市町村との連携を一層強化していくことで、観光・産業・住民文化や生活の一層の発展を目標として、「飛鳥・藤原」の世界遺産登録の実現を目指していきます。



      

このページのトップに戻る