トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】 高松塚古墳壁画発見40周年記念パネル展を開催
ビレッジレポート

高松塚古墳壁画発見40周年記念パネル展を開催
-「高松塚古墳40年の歴史」展-

2月10日(金)から4月10日(火)までの間、高松塚壁画館において高松塚古墳壁画発見40周年を記念したパネル展「高松塚古墳40年の歴史」を開催いたしました。約2ヶ月間に、約13,000人の方々に観覧していただきました。


壁画館の写真

 

パネル展では、40年前の壁画発見時の写真から、壁画修理、劣化問題、解体作業、そして現在の壁画と墳丘について、高松塚古墳の40年の歴史を振り返りました。多くの方々が興味深く、写真を覗き込んでおり、関心の高さを改めて認識したところです。 高松塚壁画館では、今後もさまざまな企画を計画しておりますので、足を運んでいただければと思います。



なお、パネル展「高松塚古墳40年の歴史」は当分の間、飛鳥の宿「祝戸荘」(国営飛鳥歴史公園祝戸地区)で展示をしています。

このページのトップに戻る