トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 「平成24年度ユニバーサル社会に対応した歩行者移動支援に関する現地事業」
ビレッジレポート

「平成24年度ユニバーサル社会に対応した歩行者移動支援に関する現地事業」
「平成24年度ユニバーサル社会に対応した歩行者移動支援に関する現地事業」に採択

国土交通省の「平成24年度ユニバーサル社会に対応した歩行者移動支援に関する現地事業」の事業実施箇所について、下記の5件が採択されました。

1.北海道旭川市(カムイ大雪バリアフリー推進協議会)
2.福島県いわき市(社団法人いわき観光まちづくりビューロー)
3.群馬県渋川市(渋川地区観光特別宣伝協議会)
4.三重県伊勢市(伊勢・旅バリフォン開発協議会)
5.奈良県高市郡明日香村(明日香まるごと博物館づくり推進協議会)

明日香村ではまるごと博物館構想を実現すべく、京都大学との連携のもと「明日香まるごと博物館づくり推進協議会」を設置し、情報案内サービスの充実を図っていきたいと考えています。
今回の事業は、情報案内サービスの充実させる1つの手法として、移動制約者等を対象としたシステムの開発を進めるものです。
明日香村を訪れる全ての人々をもてなし、そして満足して頂けることを目指して、今年度にその内容を検討し実施していきます。
事業の概要につきましては、下記提案概要をご覧ください。


提案概要 【PDF】

このページのトップに戻る