トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】 アーティスト イン レジデンス『 飛鳥 Art Village 』
ビレッジレポート

アーティスト イン レジデンス『 飛鳥 Art Village 』事業概要
事業目的

将来性のある若手アーティストが、飛鳥に短期滞在し、そのロケーションからインスピレーションを受けることで従来の発想や枠組みにとらわれない作品を制作・発表(展示)するという一連の芸術創作活動(アーティスト・イン・レジデンス)を支援します。
◆活性化・・・・・若手アーティストの活動により再発見される村の魅力に価値観を見出し地域の活性化を図る。
◆交流・・・・・若手アーティストと村内芸術家などとのふれあい・交流を行う。
◆誘客・・・・・アートと飛鳥という新たな観光資源の発掘や商品開発・情報発信によるオフシーズンの誘客対策を図る。
※将来的には、アーティストの定住化を目指すものです。

内容

実施体制

【主催】 明日香村
【共催】 奈良県立万葉文化館、(財)明日香村地域振興公社
【スペシャルアドバイザー】
絹谷 幸二氏(洋画家 大阪芸術大学教授・東京芸術大学名誉教授)
建畠 晢氏(京都市立芸術大学学長)
烏頭尾 精氏(日本画家)
脇田 宗孝氏(陶芸家)   


制作活動

【期間】平成25年1月20日(日)~1月29日(火)【10日間】
【滞在及び制作場所】飛鳥寺研修会館 修徳坊
【住所】奈良県高市郡明日香村大字飛鳥725-1

【参加アーティスト】 6名   参加者名簿はこちらから

【交流事業】
芸術文化の振興や人的交流を目的とし、スペシャルアドバイザー等による芸術談義(車座夜話)を飛鳥寺研修会館 修徳坊において行います。
【日程】
1)1月22日(火)18時~2時間程度  烏頭尾先生
2)1月23日(水)16時~2時間程度  絹谷先生
3)1月25日(金)18時~2時間程度  脇田先生
4)1月27日(日)16時~2時間程度  建畠先生
5)1月28日(月)18時~2時間程度  森川村長

作品展示
滞在制作の成果発表として作品展示を行います。

【会期】平成25年3月16日(土)~3月31日(日)【16日間】
【会場】奈良県立万葉文化館 企画展示室


※なお、創作活動の様子などについては『 飛鳥 Art Village 』フェイスブックにおいて随時に更新していきます。
『 飛鳥 Art Village 』フェイスブック

このページのトップに戻る