トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 姉妹都市・大韓民国扶餘郡守が明日香村を訪問
ビレッジレポート

姉妹都市・大韓民国扶餘郡守が明日香村を訪問

 

メッセージを送る李郡守と森川村長

 

昨年、姉妹都市提携40周年を迎えた大韓民国扶餘郡守の李龍雨(イ ヨンウ)郡守が2月1日から2日にかけて、明日香村を訪問されました。

 

 

 

役場屋上から飛鳥京跡を眺める
森川村長から、明日香村の紹介と今後の友好姉妹都市としての双方の発展を目指していきましょう、との呼びかけに、李郡守も共に飛鳥文化・百済文化の魅力発信を共に目指していきましょう、と今後も継続した良好な姉妹都市交流が約束されました。

 


高松塚古墳を視察

 

 

 

2日には、明日香村と扶餘郡のつながりを色濃く示す「飛鳥寺」や「高松塚古墳」などを視察され、明日香村の持つ文化遺産の価値を肌で感じられたと同時に、明日香村が持つ扶餘郡との類似性に感嘆されていました。


扶餘郡との姉妹都市交流は、これまで行政機関を中心とした交流から、平成25年度には民間交流を中心に検討を進めています。

 

 


このページのトップに戻る