トップページ > 広報 > ビレッジレポート > ご当地ナンバーの導入について
ビレッジレポート

ご当地ナンバーの導入について
国土交通省の「ご当地ナンバー制度」(第2弾)の公募を受け、「飛鳥」ナンバーを応募しました。

明日香村では、国土交通省の「ご当地ナンバー制度」(第2弾)の公募を受け、「飛鳥」ナンバーを応募しました。


ご当地ナンバーは、地域振興や観光振興の観点から新たな地域名表示を認める制度で、第1弾として平成18年度から20年度にかけて実施され、今回の募集は第2弾となります。


今回の「飛鳥」ナンバーの応募は、明日香村、橿原市、高取町、吉野町の1市2町1村(自動車登録台数 約5万500台)で行いましたが、応募条件である自動車登録台数が10万台に満たないため、国土交通省の審査の結果「導入見送り」となりました。ただ、見送りにあたって、10月末までに10万台という自動車登録台数を満たせば、改めて導入の是非を検討するということになっており、村では、引き続き「飛鳥」ナンバーの導入に向け、橿原市等と連携し、関係市町村に働きかけています。

 

このページのトップに戻る