トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】 「飛鳥古京を守る議員連盟」明日香村を現地視察
ビレッジレポート

「飛鳥古京を守る議員連盟」明日香村を現地視察

8月20日・21日に、自由民主党の国会議員で組織される飛鳥古京を守る議員連盟(以下、「飛鳥議連」という。)が、明日香村の視察に来村されました。
飛鳥議連とは、日本人の心のふるさとである飛鳥古京を守り、国民的視点に立った飛鳥文化の保存と活用を図るため結成された組織です。



当日は、会長の細田博之議員(自由民主党幹事長代行)、事務局長の田野瀬太道議員、小林茂樹議員、石﨑徹議員、佐々木紀議員、堀井巌議員の6名と国土交通省・文化庁・奈良県など関係機関の方々が、飛鳥資料館、飛鳥京跡苑池、県立万葉文化館、石舞台古墳などを視察されました。
飛鳥議連の皆様はそれぞれの視察場所で、森川明日香村長をはじめとする説明者の言葉に熱心に耳を傾けられ、明日香村の魅力と価値を改めて感じて頂ける貴重な機会となりました。




明日香村では、「飛鳥古京を守る議員連盟」をはじめ、国土交通省・文化庁・奈良県の力強い支援を頂きながら、行政と住民、様々な担い手との協働により「明日香まるごと博物館」を目指し、村民の皆様が住む喜びと誇りを感じて頂ける地域づくりを推進していきます。

このページのトップに戻る