トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】 「明日香村の保存・整備プロジェクトチーム」明日香村を現地視察
ビレッジレポート

「明日香村の保存・整備プロジェクトチーム」明日香村を現地視察

10月8日に、公明党の国会議員で組織される「公明党 明日香村の保存・整備プロジェクトチーム」が、明日香村の視察に来村されました。
このプロジェクトチームは、日本人の心のふるさとである飛鳥古京を守り、国民的視点に立った飛鳥文化の保存と活用を図るため結成された組織です。



当日は、顧問・漆原良夫議員、座長・北側一雄議員、事務局長次長・樋口尚也議員、濱村進議員、杉久武議員、事務局長・浮島智子議員(代理出席)の6名と、明日香村応援大使で元衆議院議員の森本晃司氏、奈良県議会の大国正博議員、岡史朗議員、畭真夕美議員、そして、国土交通省・文化庁・奈良県など多くの関係方々が参加され、有意義な意見交換の後、飛鳥宮跡・高松塚古墳壁画修復施設・キトラ古墳石室・石舞台古墳を視察されました。
プロジェクトチームの皆様はそれぞれの視察場所で、森川明日香村長をはじめとする説明者の言葉に熱心に耳を傾けられ、明日香村の魅力と価値を改めて感じて頂ける貴重な機会となりました。



明日香村では、「公明党 明日香村の保存・整備プロジェクトチーム」をはじめ、関係者の力強い支援を頂きながら、行政と住民、様々な担い手との協働により「明日香まるごと博物館」を目指し、村民の皆様が住む喜びと誇りを感じて頂ける地域づくりを推進していきます。

このページのトップに戻る