トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 石造物(レプリカ)が完成しました
ビレッジレポート

「キトラ古墳壁画」展の募金を古都飛鳥保存財団に贈呈


文化庁・国立文化財機構・明日香村ほかの主催で、東京国立博物館で今春に開催した特別展「キトラ古墳壁画」で集まった募金の贈呈式が9月12日、京都にある文化庁関西分室でありました。
明日香村以外でキトラ壁画が公開されたのは、はじめてで、関東を中心に約12万人の観覧者が極彩色の壁画に見入っていました。
このときに、会場に設置されていた募金箱とグッズ売り上げの一部計182万円が文化財保存などに取り組む公益財団法人古都飛鳥保存財団に贈られました。

このページのトップに戻る