トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】聖徳中学校郷土自然部 学生科学賞で知事賞・優秀賞を受賞
ビレッジレポート

聖徳中学校郷土自然部 学生科学賞で知事賞・優秀賞を受賞

第59回日本学生科学賞奈良県審査で、聖徳中学校の郷土自然部3年生の小西柊哉君、中野太一君、藤原武人君、石本大樹君の研究「昆虫で調べた棚田と里山の自然」が最高賞である知事賞に、1年生の井村諒君、加藤大斗君、小西奏哉君の「コオイムシの飼育と観察Ⅱ」が優秀賞に、同じく1年生の松本ひかるさん、岸本華佳さんの「明日香にある外来植物の研究」が佳作に選ばれました。
彼らは、今までの努力が実ったと今回の受賞を喜んでいました。また、1年生で受賞した5名には今後の研究の継続とさらなる成長が期待されます。



このページのトップに戻る