トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】『明日香村まるごと博物館フォーラム 飛鳥学講演会』を開催しました!
ビレッジレポート

『明日香村まるごと博物館フォーラム 飛鳥学講演会』を開催しました!

7月23日(日)、よみうりホール(東京都千代田区有楽町)において「明日香村まるごと博物館フォーラム 飛鳥学講演会」を行いました。
今年は、「飛鳥の女性と仏教」をテーマに、日本で最初の出家者である善信尼にスポットをあて、飛鳥時代に仏教の道を開いた日本初の尼僧である善信尼の生涯について、古代史に関係の深い先生方にご講演をいただき、その後、パネル討論を行いました。
パネル討論は、読売新聞大阪本社編集委員の関口和哉さんがコーディネーターを務められ、講演いただいた清水昭博先生(帝塚山大学教授)、澤田瞳子先生(作家)により行いました。
蘇我氏と物部氏の抗争に巻き込まれ、迫害されても、信念を捨てずに強い信仰心を貫き、日本の仏教を発展させた善信尼、また善信尼ゆかりの寺院などについて白熱した議論が展開されました。
会場内では、猿石のレプリカを配置し、飛鳥の特産品や関連図書などの販売、澤田先生のサイン会など、とても賑わっていました。
フォーラムに参加された方々は、講演やパネル討論を熱心に聴講され、飛鳥の女性と仏教の関わりについて、いにしえの世界に思いを巡らせておられました。


 

このページのトップに戻る