トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】『明日香村発掘調査報告会2017』を開催しました!
ビレッジレポート

『明日香村発掘調査報告会2017』を開催しました!

平成30年3月4日(日)午後1時から午後4時まで、明日香村中央公民館ホールにおきまして、明日香村発掘調査報告会2017を開催いたしました。


まず最初に調査報告といたしまして、「飛鳥寺西方遺跡の調査」について文化財課の長谷川主任技師より報告がありました。飛鳥寺西方遺跡では飛鳥川近くで飛鳥時代の建物跡と石組溝が検出され、槻樹の広場が想定より西に広かったことが報告されました。

次に「小山田遺跡の調査」について、奈良県立橿原考古学研究所よりお招きした鈴木一議主任研究員が報告されました。これまで行われた小山田遺跡をふりかえり、新たに確認された小山田古墳の歴史的位置づけについて報告していただきました。


記念講演は「舒明天皇の時代と小山田古墳」と題し、明日香村文化財顧問で東京学芸大学名誉教授の木下正史先生より、小山田古墳が造られた舒明天皇の時代についてお話をしていただきました。舒明天皇の業績を再評価し、天皇と蘇我氏との関係についても言及されるなど小山田古墳が造られた時代背景について詳しくお話しされました。


当日は春の陽気を感じる暖かい日となり、約230名の方々にご参加いただきました。公民館ホールは聴講に来られた方々で満員となり、話題となった遺跡の最新報告や講演に熱心に耳を傾けておられました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

資料データ: 発掘調査報告書2017 [PDF]

 

 

このページのトップに戻る