トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】道の駅『飛鳥』に登録されました!
ビレッジレポート

道の駅『飛鳥』に登録されました!

平成30年4月25日、近鉄飛鳥駅前の国道169号沿いに、県内で15箇所目となる道の駅『飛鳥』が国土交通省に登録されました。

 

道の駅『飛鳥』は、飛鳥の魅力を五感で体感できるフィールドミュージアム『明日香まるごと博物館』のエントランスとして、また明日香村だけでなく、橿原市や高取町を含めた広域での飛鳥観光のゲートウェイとなるものです。

 

道の駅『飛鳥』では、『日本国の始まりの地』や『日本遺産第1号に認定された“日本国創成のとき~飛鳥を翔(かけ)た女性たち~"』に関する情報提供や飲食店、宿泊施設、レンタサイクル、観光ガイドなどの案内を行うとともに、災害時には、村民や来訪者の一時避難所となります。

 

一昨年11月に葛城市に道の駅『かつらぎ』が、今年4月に田原本町に道の駅『レスティ唐古・鍵』がオープンし、今回、道の駅『飛鳥』が登録されたことにより、今後、各施設が連携・協力し、中南和観光の活性化に結びつけるものです。

 

尚、道の駅『飛鳥』のオープンについては、現在、平成30年秋を目指しており、トイレ、駐車場、案内表示板等の整備を行うとともに、今後増加が見込まれるインバウンドの対応や手荷物預かりサービスなどを行うために総合案内所の改修を予定しています。

 

このページのトップに戻る