トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】自由民主党「飛鳥古京を守る議員連盟」・公明党「明日香村の保存・整備PT」合同支援総会が開催されました
ビレッジレポート

自民党「飛鳥古京を守る議員連盟」・公明党「明日香村の保存・整備PT」合同支援総会

5月30日(水)衆議院第二議員会館(東京都)において、両党の国会議員を始め、名誉村民である野呂田芳成元衆議院議員、森川村長、廣井村議会議長、尾崎村議会副議長、国、県の幹部が出席し、合同支援総会を開催していただきました。
国土交通省大臣官房審議官・文化庁次長・奈良県南部東部振興監それぞれから、明日香村保存における現状と取り組みについて、村長からは村の現状と取り組み及び村の要望項目について説明をした後、

【明日香村の要望項目】
1. 明日香村歴史的風土創造的活用事業交付金の総額の確保及び第5次明日香村整備計画策定に向けての検討
2. 高松塚古墳壁画の保存公開施設に関する検討の具体化
3. インバウンドを含めた交流人口拡大のための取組に対する支援
4. `飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群'の世界遺産登録促進

細田博之会長、北側一雄座長をはじめ高市早苗前総務大臣、田野瀬太道事務局長やご出席いただきました自由民主党・公明党の議員の皆様により、高松塚古墳壁画の保存公開のあり方などについて積極的な意見が交わされました。次回は明日香村で視察が行われる予定です。

 

 

このページのトップに戻る