トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】新元号「令和」改元記念 「大化」「大宝」から新元号「令和」へ
ビレッジレポート

新元号「令和」改元記念 「大化」「大宝」から新元号「令和」へ

令和元年5月1日(水・祝)、南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館 におきまして、新元号「令和」改元を記念し村内在住の万葉書作家、鈴木葩光先生に元号の揮毫をしていただきました。


元号は今日まで1300年続く文化で、その最初は「大化」であり、この飛鳥で始まりました。また、新元号「令和」は、日本最古の歌集である『万葉集』巻五「梅花の宴」の序文から典拠されたもので、人々が美しく心を寄せ合う中で生まれ育つという思いが込められています。


当日は、飛鳥に深く関わりのある元号「大化」・「白雉」・「朱鳥」・「大宝」、そして「令和」の揮毫をしていただきました。新しい時代の幕開けを元号のはじまりの地である飛鳥から広く皆様に発信し、「日本国誕生の地・飛鳥」を再認識することができました。
鈴木先生に揮毫いただきました作品は、犬養万葉記念館におきまして展示いたしております。







 

このページのトップに戻る