トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】 明日香村と国立大学奈良女子大学及び株式会社長谷工コーポレーションが産官学連携に関する包括協定を締結しました。
ビレッジレポート

明日香村と国立大学奈良女子大学及び(株)長谷工コーポレーションが産官学連携に関する包括協定を締結しました。

 

このたび明日香村(村長:森川裕一)と国立大学法人奈良女子大学(学長:今岡春樹)及び株式会社長谷工コーポレーション(社長:池上一夫)は、明日香村の「歴史的資源」、奈良女子大学の「知」、長谷工グループの「活力」を活かし、明日香村の地域課題に対応し、明日香村の活性化、歴史的風土保存活動及び活力ある地域社会の形成と発展を目的に、2020年12月1日に産官学連携に関する包括協定を締結致しました。


また、古民家の所有者である嶋田誠様にもお越しいただき、ご挨拶をいただきました。

 

第1号案件として、明日香村大字雷内の茅葺古民家(築400年)の活用検討を進めており、奈良女子大学のゼミ生よる村歩きや古民家の測量実習、活用に向けた意見交換会を実施してきました。来年には地域住民の皆様との意見交換会も踏まえながら、具体的な事業計画を詰めていきたいと考えています。

 

【連携協力事項

  1. 空き家等の資源を活用した地域活性化に関する事項
  2. 地域の歴史的建築資産にかかわる建築教育の共同実施
  3. 地域産業の振興推進への助言・指導・実施
  4. その他、産官学連携活動に寄与するものとしての目的を達成するために必要と認める事項

 

 

このページのトップに戻る