トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】 住民がよろこびを感じる村づくりを目指して
ビレッジレポート

住民がよろこびを感じる村づくりを目指して。
住民がよろこびを感じる村づくりを目指して。

平成24年2月1日、森川村長が「飛鳥古京を守る議員連盟」の議員である自民党谷垣総裁や公明党山口代表らに対して、村の重点課題である人口減少などを訴え、これまでに引き続き明日香村に対する協力・支援などの要望活動を行いました。
 
 自民党谷垣総裁と       公明党山口代表と
飛鳥古京を守る議員連盟は、明日香法に基づく「村民が住むよろこびを感じることができる」村づくりを支援するために、各政党の枠を超えた超党派によって構成されている組織です。

国及び村の経済・財政状況が厳しい折、国政と密に連携・協力し、世界に誇れる「日本誕生の地」として更なる発展を目指していきます。

このページのトップに戻る