トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 【ビレッジレポート】 明日香村と大韓民国扶余(ぷよ)郡のさらなる国際交流発展に向けて!
ビレッジレポート

明日香村と大韓民国扶余(ぷよ)郡のさらなる国際交流発展に向けて!
奈良県と大韓民国忠清南道との友好提携が締結されました

歓迎レセプションにて明日香村は、現在からさかのぼること約40年前、昭和47年に忠清南道(ちゅうせいなんどう)にある扶余(ぷよ)郡と姉妹都市提携を結んでいます。
現在も、中学生の相互交流などの国際交流を通じて、良好な国際関係を築いています。
そのような状況下において、平成23年10月26日(水)、奈良ホテルに安熙正(アン・ヒジョン)知事一行をお迎えし、奈良県と大韓民国の忠清南道(ちゅうせいなんどう)との友好提携の締結がされました。


締結書を持つ荒井知事とアン・ビジョン知事奈良県と忠清南道とは、東アジアにおいて、飛鳥文化(明日香村)と百済文化(扶余郡)のつながりなどに代表される、歴史的・文化的なゆかりが深い関係であり、平成19年に協力意向書、平成20年に文化観光交流協定書を締結してきています。


今回の友好提携を契機として、明日香村が東アジアにおける国際交流の代表モデルとなるよう、さらなる国際交流の発展を目指していきます。

 

位置図 友好の握手を交わす森川村長とアン・ビジョン知事

 



このページのトップに戻る