明日香村

お問い合わせ窓口:明日香村役場

0744-54-2001

明日香村の新しい観光ビジュアルデザイン「明日香があるさ」ができました

制作背景

明日香村は、村全体を屋根のない博物館に見立てた「明日香まるごと博物館」づくりを目指し、観光地づくりに取り組んでいます。

本村は、飛鳥時代の歴史や文化だけでなく、脈々と繰り返されてきた人々の営みから育まれてきた文化や歴史的風土を、五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を最大限に使って感じ楽しめる場所です。そして、さまざまな年代、趣向を持った人にとって、それぞれの見どころ・遊びどころがあります。

このたび、本村は、「明日香があるさ」という共通フレーズとともに、明日香村観光戦略に基づく観光ビジュアルデザインを作成しました。

令和3年度から5年間、本村は、5つの観光ビジュアルデザインを活用しながら、誘客プロモーション、受入地環境整備に注力し、観光地としての多様な魅力創出に取り組んでいきます。

 

5つの観光コンセプトとビジュアルデザイン

明日香村観光コンセプトと目指す将来像

「明日香があるさ」と各ビジュアルデザインの制作意図について

 

1.歴史を探求する ロマン・飛鳥 

謎多き飛鳥時代の歴史や万葉の世界観を探求し続けることができる飛鳥

2.ノスタルジックに浸る 癒し・飛鳥

異日常空間が持つどこか懐かしい雰囲気や空気感が包み込む癒しの飛鳥

3.里山で楽しむ アクティブ・飛鳥

里山の風景の中で、友人や家族とアクティブに身体を動かして楽しめる空間としての飛鳥

4.本物に触れる 上質・飛鳥

古代より受け継がれてきた文化遺産や自然など本物の価値に触れる上質な飛鳥

5.地域にとけ込む ただいま・飛鳥

住民交流や貢献活動など暮らすように地域にとけ込む第二のふるさととしての飛鳥

観光ビジュアルデザイン活用事例

令和4年3月にデジタルサイネージを活用し、プロモーションを実施

1)3月1日(火)~3月31日(木):JR東京駅一番街(八重洲地下中央口付近)

2)3月14日(月)~3月20日(日):JR東京駅八重洲北・南北通路

3)3月14日(月)~3月27日(日):近鉄阿倍野橋駅(あべのハルカス前B1広場)

4)3月14日(月)~3月27日(日):近鉄京都駅駅(改札付近)

※観光ビジュアルデザインのポスター(B1B2サイズ)を作成しております。掲出にご協力いただける事業者様は下記までお問合せください。

 

問合せ先

明日香村役場 観光農林推進課

〒634-0111

奈良県高市郡明日香村岡55

TEL 0744-54-2001(代) FAX 0744-54-2440

奈良県 明日香村公式ホームページ

〒634-0111 奈良県高市郡明日香村大字岡55番地 (Google Maps

FAX:0744-54-2440

開庁時間

月曜日~金曜日 8:30~17:15
※土・日・祝及び12月29日から1月3日は除く

画像及び文章等の無断転載、使用はご遠慮ください。

Copyright © 明日香村, All Right Reserved.
ページのトップへ